8月 4日 日本で初めての「ビヤホール」がオープン(1899年)

科学 今日はこんな日

地球のみなさん、こんにちは。毎度おなじみ、ブルーバックスのシンボルキャラクターです。今日も "サイエンス365days" のコーナーをお届けします。

"サイエンス365days" は、あの科学者が生まれた、あの現象が発見された、など科学に関する歴史的な出来事を紹介するコーナーです。

この日、日本麦酒醸造株式会社(現在のサッポロビール)が「恵比寿ビヤホール」を銀座八丁目に開店。これが日本で初めての「ビヤホール」と銘打ったレストランでした。

この日の新聞に掲載された宣伝には「常に新鮮なる樽ビールを氷室に貯蔵いたし置最も高尚優美に一杯売仕候間大方の諸彦賑々敷御光来恵比寿ビールの真味を御賞玩あらんことを願ふ」とあり、半リットル10銭でビールを飲むことができたそうです。

恵比寿ビヤホールは、開店後すぐに評判となり1日に1000リットル以上のビールが提供されたのだとか。これからの季節、ビールがおいしい季節ですが、飲み過ぎにはくれぐれもご注意を。

 もっとしりたい! 関連書籍はこちらです 

カラー版 ビールの科学

【書影】カラー版 ビールの科学

飲み方ひとつで「おいしさ」が変わる! 続々登場する「新ビール」は何が「新しい」のか? クラフトビールの個性を引き出す「理想の飲み順」とは? 麦芽が“魂”を宿らせ、ホップが“華”を添える──。

5000年以上にわたって人類に愛されてきた「麦の酒」。なぜゴクゴクと飲み続けることができるのか? 世界各地のご当地ビール「飲み歩き」旅ガイドと「ビール料理」のレシピもついた「ビール大全」。