8月 3日 電子卓上計算機「カシオミニ」発売(1972年)

科学 今日はこんな日

地球のみなさん、こんにちは。毎度おなじみ、ブルーバックスのシンボルキャラクターです。今日も "サイエンス365days" のコーナーをお届けします。

"サイエンス365days" は、あの科学者が生まれた、あの現象が発見された、など科学に関する歴史的な出来事を紹介するコーナーです。

世界初のパーソナル電卓として知られる「カシオミニ」が、この日カシオ電機から発売されました。

 

「カシオミニ」は6桁の表示が可能なハンディ電卓で、サイズは従来の製品の4分の1、価格は3分の1以下の1万2800円。発売後10ヵ月で、100万台を売り上げる大ヒット商品となりました。

またこの電卓で採用された、CPU(中央処理装置)とROM(読み出し専用メモリ)、RAM(読み出し・書き込み可能メモリ)を組み合わせたLSIのハードウェアは固定化し、ソフトウェアだけで電卓を開発するというアイデアは、現在のプログラミング可能なパソコンへと発展していくことになりました。

【写真】計算機アプリ今や計算機もスマートフォンアプリに photo by gettyimages