元衆院議員が明かす「選挙とカネ」の語られざる闇

細野豪志5千万円借入報道を受けて
井戸 まさえ プロフィール

選挙資金の「先食い」

さて、1500万円、2000万円といった金額が、候補者たちのもとにたった数日の間に振り込まれるさまをみて、政治家はいい商売だな、と思われる方もいるだろう。

選挙となれば資金も潤沢、たった1ヵ月程で使い切るのも難しそう、むしろ使い切れずに残ってしまうのではないだろうかと、心配する向きもあるだろう。

ところが実際はそうとは言えない。この選挙資金が入ることを見越して予算を「先食い」をしている政治家が多いのだ。

当然ながら、まっとうな活動をしようと思ったら人件費や事務所費他の経常経費は通常支給される交付金50万でまかなうことは無理である。

例えば私の事務所では、当時3人のスタッフ、アルバイトへの人件費関連の支払いで月80万円前後、事務所の家賃や駐車場他を入れると月20万円、印刷物等を刷って配布すればこの経常経費に加えて150万円〜200万円の出費を覚悟しなければならなかった。

つまりは常に50万〜200万前後の赤字が出る。その分を献金や政治資金パーティを開催して賄うよう工夫はするものの、現職の議員でもない「候補者」が楽に資金を集められる状態でないことはお判りだと思う。

となると、貯金からの持ち出し等となるわけだが、心の支えは解散となった時に入る資金で、それがある意味唯一計算できる資金ともいえるのだ。

〔PHOTO〕gettyimages

一方、選挙で対抗しなければならない相手候補は現職の国会議員で、公費で賄える秘書が3人いる。第一、第二、政策秘書の給与の合算は少なくとも年間2000万円ほどか。また文書交通通信費も月額100万円、年間では1200万円になる。

つまりは現職と挑戦者ではそもそも年間約3500万円〜4000万円以上の活動費の差があるのだ。

 

ちなみに、これらの費用は政治活動のみで、生活費は一切考慮に入れていない。実際には個人の生活上の必要経費、家賃、食費、子どもがいればその学費等々の「生活費」がかかって来る。

政治活動をしながら、別途生活費を稼ぐのは物理的にも並大抵のことではないのは想像していただけると思う。

賃貸収入等の不労所得や、なんらかの副収入がある場合は違うだろうが、「貯金の切り崩し」から「借金」という負のループに入って行ってもおかしくない。

私が現職の衆議院議員だったとき、たまたま消費者金融系キャッシングに関する総量規制の法案が議論されていた。

この法案は定期的に所得証明を提出させ、複数社から借りている借金も含めて、所得に対する総量を3分の1に規制する、と言ったものだった。説明を聞き、質疑になった瞬間にある衆議院議員が手を上げて反対した。

「お恥ずかしながら私は選挙で浪人が続いて、どうにもこうにも生活が回らず、消費者金融で借金をしました。総量規制の議論は正しいかもしれないが、あまりに厳しくやると現実に困る人たちが相当出るのではないでしょうか。私とてこうして議員になってようやく借金からは脱せたが、いつなんどきまた資金繰りに困るかわからないと思うと人ごととは思えない」と言った。

この議員は高度技能が必要とされる国家資格を持っていた。表向き、経済的に苦しんでいるようには全く見えなかったが、「候補者」や「新人議員」の苦しい台所事情はどこも一緒である。

ただ、先の衆院選では「先食い」の精算ができないままとなった「候補者」がいた。

先行離党をし希望の党に合流した人々である。彼らは離党の時期によって公認料も交付金もゼロ。ただ、選挙に勝つために「新しい看板」を確実に得るために、お金は捨てるとの覚悟で離党した人もいる。その後の希望の党の失速を考えると「失った1500万円は大きい」との言葉も頷ける。

具体的なことはなかったにしろ「細野氏に頼りたくなった」という言葉も頷ける。