Photo by iStock

深層レポート「天皇陛下が脳貧血で倒れた夜」に起きたこと

学習院の同窓会の後に…

去る7月2日、「天皇陛下が体調不良を訴え、医師の診察を受けた結果、脳貧血と診断された」との一報が駆け巡った。生前退位を目前に控えての心配なニュースだが、その後、詳細は報じられていない。いったい何が起きていたのか?

 

猛暑の日に行われた「同窓会」

7月1日、日曜日。東京都心で最高気温が32度に達したこの日、天皇の姿は母校・学習院初等科(新宿区若葉)にあった。14時から開催される同窓会に出席するためである。格式あるその同窓会は「初等科桜友会」という。

正堂(講堂)で総会が行われたあと、約500人の参加者は食堂へ移り、会食となった。昨年まで桜友会総会議長を務め、天皇の学友としても知られる明石元紹氏が、当日の天皇の様子をこう語る。

「みなさんノータイ姿の中、陛下は背広に革靴で来られまして、大変に暑い日でしたから、大丈夫かなと少し心配でした。私は陛下と同学年ですが、この歳になりますと、やはり暑さを感じにくくなりますしね。ただ、今年は天皇陛下として最後の桜友会ということもありましたから、正装されたのかもしれません」

天皇は、学習院の内藤政武院長、常磐会(学習院女子中・高等科同窓会)の近衞甯子(このえ・やすこ)会長、桜友会の東園基政会長らとテーブルにつき、談笑しつつ旧交を温めていた。だが、食事にはあまり手を付けなかったという。

宮内記者が言う。

「このところの急な猛暑続きで、ご体調が万全でなかったようです。加えて、来年に迫った退位、年々減っていく旧友…そうしたことを陛下がお考えだったどうかはわかりませんが、この日はややお酒のピッチが早く、いつもより酒量も多いご様子だった」

天皇にとって学習院、とりわけ初等科の級友たちは、戦時中、ともに疎開し空腹に耐えたという特別な思いがある。どうしても、会っておきたい仲間たちだった。

東園桜友会会長と内藤学習院院長の挨拶が終わると、歓談になった。天皇はテーブルを離れて、同級の仲間、前出の明石氏ほか3人に歩み寄った。

「今年は(同級生が)4人来ましたね」

明石氏が言うと、天皇は顔をほころばせながら応じた。

「もう最近は、テニスもしんどくなってね。外で運動できないから、室内で卓球をやっているんだよ」

1時間半ほどで帰途についた天皇の笑顔は、やや赤らんでいた。ゆっくりではあったが、足取りは矍鑠たる、しっかりとしたものだった。級友たちはその後ろ姿を叩頭して見送った。