Photo by GettyImages

企業の皆さんに「早稲田政経と慶應法、どっちが欲しい?」と聞いたら…

内定式の日に、ちょっと気になった

むしろ明治のほうがいい

「早稲田の政治経済学部と慶應大学の法学部の学生が最終選考で並んだとき、どちらを選ぶかと言われれば、今なら慶應を採りますね。

早稲田と慶應両方に受かった学生は、慶應に進学する割合が圧倒的に多い。こうしたデータもあり、慶應法が企業の間でも人気になっているのです」(電機メーカーの採用担当者)

 

全国の私大トップに位置する早稲田政経と慶應法の2大学部。だが、最近は「慶應法のほうが欲しい」と答える企業が増えている。

メガバンクの採用担当者は内情をこう明かす。

「昔から営業職に向いているのが早稲田で、慶應は経営や企画部門に向いている傾向がありました。慶應出身者は、なんでもスマートにこなすけど、ときに上から目線で社内の輪を乱すこともある。

その一方、早稲田は持ち前の反骨精神で、泥臭く頑張るタイプが多く、トラブルのときには頼りになる存在でした。うまく両者の棲み分けができていた。

ところが、最近の早稲田の学生は、与えられた仕事はきちんとこなすけど、昔ほどガツガツしてない。どこか慶應生のようにうまく立ち回ろうとしているように見えます。

でも、こちらとしては慶應生と同じことは求めていないんです。それだったら、頭でっかちでないぶん明治や法政の体育会出身者のように、がむしゃらに頑張る子のほうが採用しがいがある」