結局、大学ブランド戦争の激化が「日大の悲劇」をもたらした

「悪質タックル問題」が問いかけるもの
佐伯 順子 プロフィール

「スポーツマンは清廉潔白」という幻想

直接タックルをした選手が、潔く顔出しで謝罪をしたことは、見苦しく逃げ回り、なかなか顔を出そうとしなかった"大人"たちの卑怯さのなか、唯一、いわゆる"スポーツマン"らしい潔さを感じさせた。

とはいえ、そもそも、スポーツマンといわれる人々は、皆が皆本当に潔く、清廉潔白なのか――そんなものは幻想にすぎないという事実が、今回の件で明白になった。

昭和期のスポコン漫画が表現してきたように、スポーツマンといえば、過酷な練習に耐える精神的、肉体的な強靭さを有し、そのうえ、チーム・スポーツの場合は、仲間との協調性も備えているという、ばら色の人格イメージが蔓延している。

しかし、相撲出身の理事長、アメフットのコーチの言い逃れは、そうしたステレオタイプが欺瞞にすぎないことを白日の下にさらした。

〔PHOTO〕iStock

スポーツ経験があろうがなかろうが、根性があり、思いやりある人物は存在するのであり、逆に、学生の体育会やスポーツ業界こそが、上意下達、権力主義的なメンタリティー養成の温床になっているという意見もある。

スポーツ経験者が就職に有利といわれるのは、根性や協調性が期待される面もあろうが、「俺の言うことがきけないのか」といった昭和的な日本企業の体質に適応しやすいという含みもあり、監督に全面服従的なコーチの態度はそうした権力関係の如実な表れにみえた。

そろそろ、そうした日本の組織、社会の保守的体質からして、根本的に見直す時期にきているのではないか。

 

先んじて、相撲界における暴力事件も問題化したところであり、実直に相撲道を追求している関係者には恐縮であるが、体と体が激しくぶつかりあうコンタクト・スポーツにおいては、暴力に対して鈍感になる負の影響があるのではないかと危惧される。

スポーツマンを気取る人物が卑怯な言い訳をしたり、自己保身に走って逃げ隠れしたりするケースは現実には珍しくなく、"自分はスポーツ経験者"という誤ったナルシシズムに由来する過大な自己評価や自己顕示欲が肥大した人物は、むしろ社会の迷惑であることが今回の件で露呈した。

"スポーツマン"の化けの皮をはがしたという意味では、悪質スポーツ経験者(もちろん、スポーツ経験を通して人徳がます例もありえるが)に騙されてはならないというよい社会的教訓になったといえる。

大学間競争の激化の弊害、それがもたらす大学ガバナンスの歪み、メディア状況の変容、スポーツマン・イメージのステレオタイプの欺瞞と、多くの問題を社会になげかけた今回の悪質タックル事件が、被害者の立場を尊重しながら、せめては今後の教訓として再発防止につながることを願ってやまない。