ウナギ不足の理由は「海流」にあり! シミュレーションの結果は?

カギを握る「北赤道海流」
海洋研究開発機構 プロフィール

そうです。北赤道海流は、上空を吹く時計回りの風と、南側に吹く反時計回りの風によって駆動されています(図6)。

流れの向きは平均的には西向きですが、その中には南北方向へもあります。

北赤道海流図6 北赤道海流

解析期間の最初の5年(1993年~1997年)と最後の5年(2009~2013年)を比較すると(図7)、北赤道海流の西向きの流れが弱くなっていました。同時に、表層から深さ約50mにかけて北向きの流れが弱くなり、50m~250mの深さにかけては南向きの流れが強くなっていたのです。

北赤道海流の変化図7 北赤道海流の変化

その50~250mという深さは、ちょうどプレレプトセファルスやレプトセファルスが生息するあたりです。

つまりちょうど南向きの流れが強くなっている水深にプレレプトセファルスやレプトセファルスがいるために、物理的に北上しにくくなっているのです。

──なぜ、北赤道海流にそのような変化が起きたのでしょうか。

上空を吹く北側と南側の風が弱くなったためです。しかし、なぜ風が弱くなったのかはわかりません。地球温暖化の影響という人もいれば、数十年変動だという人もいます。

──そうなると、将来的にウナギは食べられなくなってしまうのでしょうか。

それはまだわかりません。北赤道海流がこのまま弱まり続けるのか、元の状態にもどるか。現状ではまだわからないのです。

また、実際の漁獲量の減少の原因には、人間による漁獲、マリアナ諸島沖(産卵海域)に戻る親ウナギの数、それらの産卵量、餌となるプランクトンなどの影響もあります。

ウナギの資源量変動には、解明するべき謎が数多く残されているのです。今後は、そうしたパラメータをモデルに加え、精度を高めていきたいと考えています。

──ありがとうございました。ちなみにチャンさんはウナギを食べるほうはお好きですか?

ウナギは日本で暮らし始めてから初めて食べました。台湾ではウナギはあまり食べないのです。最初は少し怖かったですが、食べてみるとおいしかったです。

これからも「新しいことを発見したい」と思いながら研究していきます。それが人に興味を持ってもらえることなら、なお良いと思っています。どうかよろしくお願いいたします!

ユリンチャンユリンチャン研究員。2017年夏に来日。すでに日本語が堪能で、研究内容も日本語で解説してくれました

【この研究のプレスリリース】
過去20年の海流変動は日本に流れ着くシラスウナギの数を減らしていた

論文タイトル:Potential impact of ocean circulation on the declining Japanese eel catches.

記事提供:

※オリジナルサイトでJAMSTECの他の研究紹介記事が読めます。