こんな身近にあった、人類が進化している証拠

昔の生活に戻れば健康になれる、は本当か?
更科 功 プロフィール

私たちは進化している

考えてみれば、文化的進化の速さを、それほど特別視することはないかもしれない。環境の急激な変化だって、過去には何回も起こったはずだ。そのたびに自然選択は、環境の変化に後れを取りながらも、着実に生物を進化させてきた。そういう意味では、私たちだけが特別なわけではないだろう。

たしかに私たちの体には、過去の生活に適応している部分もたくさんある。しかし、すでに新しい生活に適応している部分だってあるはずだ。

少し極端な例を考えてみよう。ヒトが難産になった理由の一つは、直立二足歩行をしたことにある。四足歩行をしていた昔なら、いまよりずっと安産だったはずだ。でも、だからといって、妊婦さんに四足歩行で生活をしなさいとアドバイスする人はいないだろう。もう私たちの体は、四足歩行をしていた時代とは構造が違うのだ。だから、昔に戻れば、すべてがうまくいくわけではないのである。

しかも、そもそも「昔」というもの自体が1つではない。狩猟採集民にしても、住んでいる場所は様々だ。砂漠にも森林にもツンドラにも住んでいて、それぞれの場所でいろいろな生活の仕方をしている。狩猟採集民の唯一の生活様式などはないのである。

【写真】様々な生活する場所やスタイル
  生活する場所やスタイルはひとつではないのは太古から変わらないだろう photo by gettyimages

さらに、私たちの進化のスタートが狩猟採集民というわけでもない。私たちは、狩猟採集民になる前は類人猿に似た動物だったし、その前は尾のあるサルだったし、その前はもっと小型の哺乳類だったし、その前は……いや、もうよそう、きりがない。私たちの体は、それぞれの時代に適応していた特徴の寄せ集めなのだ。DNAなどは、私たちが細菌だったころからの遺産である。

過去に学ぶことは大切だ。昔に憧れることも美しい感情だ。しかし、時計の針は戻せない。もう私たちは、昔の私たちではない。やっぱり私たちも進化しているのだ。

【写真】多世代家族ー私たちは今も進化している
  私たちもいまの環境に合わせて進化している photo by gettyimages