〔PHOTO〕gettyimages

W杯では日本が健闘中なのに、外交では日本だけ追いつけない理由

国際政治のルールは変わっている

国際政治W杯

ロシアW杯でサッカー日本代表が大活躍を見せている。よく考えれば、レギュラー11人のうち、Jリーグに在籍しているのはDF昌子源(鹿島アントラーズ)だけで、あとの10人は海外組だ。普段、世界レベルのサッカーを戦っていることが、日本活躍の原動力となっている気がする。

なぜ冒頭にサッカーの話をしたかと言えば、ワールドカップとJリーグの違いのようなことが、いま国際政治の舞台でも起こっているからだ。

トランプ大統領という特異な大統領が、昨年1月にアメリカに誕生して以降、国際政治のスタイルが一新された。ルールこそ変わっていないが、これまで考えられなかった戦術、手法、スピードがとられるようになった。国際政治というピッチはまさに、Jリーグのレベルからワールドカップのレベルへと、一気呵成に変貌を遂げたのである。

一例を挙げれば、トランプ大統領は、定例の記者会見などは開かず、ツイッターで政策を発表し、意見を表明する。

6月12日にシンガポールで金正恩委員長との歴史的な米朝首脳会談を行うという重大ニュースさえも、5月10日に自らのツイッターで発表した。それは1日24時間、いつ発せられるか知れないため、各国の外務省は「トランプ・ツイッター担当」を置いて、ディフェンスするようになったほどだ。

〔PHOTO〕gettyimages

また、トランプ大統領には「同盟国」という意識も希薄である。「昨日の友は今日の敵」というビジネス界に長年、身を置いてきたため、信じられるのは「身内」(自国)だけなのだ。そのため、NATO(北大西洋条約機構)の同盟相手であるEUに平気で経済制裁を課したり、6月12日のシンガポールでの会見では、長年の同盟国・韓国の立場も顧みずに、「在韓米軍を撤退させたい」と述べたりした。

もう一つの特徴は、政策決定が移ろいやすいことである。

前述のように5月10日、トランプ大統領は6月12日の米朝首脳会談実施を発表した。だが、5月24日には、「中止する」と発表。金正恩委員長に宛てた書簡に、中止のサインまでしてみせた。ところが数日でこれを撤回し、「やはり実施する」と言い出した。6月に入っても、やるのかやらないのか五里霧中の日が続いたあげく、結局は予定通りに開催した。

こうしたトランプ式の変幻自在なプレーに、アジア各国も翻弄され、混乱に陥った。それでも何とか対応していこうと、アジア各国は、それぞれの持ち味を生かした戦術で、必死に喰らいついている。今週は、そうした各国の現状について見ていきたい。

 
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら