Photo by gettyimages

実は日本に基地がある「朝鮮国連軍」が突如活発化の怪

朝鮮半島情勢「激動」の影響?

朝鮮戦争の休戦から65年。朝鮮戦争で編制され、北朝鮮軍や中国人民志願軍と戦った「朝鮮国連軍」がいまだに活動を続け、しかも日本にその基地があることを知る人は少ない。

その朝鮮国連軍の航空機・艦艇の来日が昨年、過去5年間で最多の27回に上ったことが外務省への取材で分かった。

 

艦艇が「1隻」から「14隻」へ

米朝首脳会談をきっかけに朝鮮戦争が終結となれば、朝鮮国連軍はその役割を終え、日本国内の国連軍基地も廃止されることになる。

朝鮮国連軍は、1950年に始まった朝鮮戦争勃発に伴う国連安保理決議に基づき、米国を中心にして編制され、オーストラリア、カナダ、ベルギーなど18カ国が参加した。53年に朝鮮戦争が休戦を迎え、現在に至っている。

国連憲章が規定する「国連軍」は本来、常任理事国の代表らで組織する軍事参謀委員会が指揮する仕組みだが、当時は米ソが対立する冷戦下にあり、正式な国連軍を編制できる環境になかった。経費も国連ではなく各国が負担しており、朝鮮国連軍は実質的には「多国籍軍」に近い。

朝鮮国連軍の司令部は、朝鮮戦争勃発時には米軍占領下の東京に置かれていたが、57年に韓国の首都ソウルに移転。現在の司令官は在韓米軍司令官のブルックス陸軍大将が兼務する。

現在も日本と密接な関わりがあり、在日米軍司令部のある横田基地に「朝鮮国連軍後方司令部」が置かれている。オーストラリア軍のウィリアムス空軍大佐が司令官を務め、カナダ軍の副司令官、米軍出身の下士官ら計4人が専従として勤務する。

横田基地が朝鮮国連軍の基地を兼ねているのは、1954年に日本政府と朝鮮国連軍との間で締結した国連軍地位協定が根拠となっている。

朝鮮国連軍の基地を兼ねる在日米軍基地は、横田基地(東京都)、嘉手納基地、普天間基地、ホワイトビーチ地区(以上、沖縄県)、横須賀基地、キャンプ座間(以上、神奈川県)、佐世保基地(長崎県)の7カ所である。

いずれの基地にも星条旗と並んで国連旗が掲げてあるものの、朝鮮国連軍の専用施設があるわけではない。滑走路、港湾などはいずれも米軍施設を利用する。

これらの基地を利用できるのは、国連軍地位協定締結国の日本、オーストラリア、カナダ、フランス、イタリア、ニュージーランド、フィリピン、南アフリカ、タイ、トルコ、米国の12カ国。しかし実質的には、基地を提供する日本を除く11カ国ということになる。

日本に朝鮮国連軍の基地があることを知る人はどれほどいるだろうか。まして、その役割、任務、活動については、日米地位協定によって「不可侵」とされる米軍基地の内側に置かれているだけに、ごく一部の政府関係者以外、知る人はいない。

2006年3月、当時民主党の白眞勲参院議員が「国連軍地位協定の今日的意味」「国連軍基地が国内に存在する意味」「国連軍の航空機や艦艇が基地を利用する目的」などについて、政府見解を求める質問主意書を参院議長に提出した。

小泉純一郎内閣は同月31日付で「国連軍は抑止力として重要な役割を果たしており、国連軍地位協定は現在も意義がある」「在日米軍基地に国連軍の航空機や艦艇が出入りしていることは承知している」との答弁書を閣議決定しているが、質問にはまともに答えていない。「承知している」では、まるで人ごとである。

外務省に問い合わせたところ、昨年までの直近5年間における、国連軍としての米軍基地の利用実績が明らかになった。以下の通りである。

2013年12回(うち航空機7機、艦艇5隻)、2014年13回(12機、1隻)、2015年13回(11機、2隻)、2016年15回(14機、1隻)、2017年27回(13機、14隻)

朝鮮国連軍の基地利用回数

昨年は艦艇が前年の1隻から14隻に急増している。どういう理由だろうか。外務省日米地位協定室の担当者は「基地の利用目的、いずれの国の航空機や艦艇か、どの基地を利用したのかは運用にかかわることなので答えられない」とゼロ回答だった。