7月11日 ネアンデルタール人DNAの解析結果発表(1997年)

科学 今日はこんな日

地球のみなさん、こんにちは。毎度おなじみ、ブルーバックスのシンボルキャラクターです。今日も "サイエンス365days" のコーナーをお届けします。

"サイエンス365days" は、あの科学者が生まれた、あの現象が発見された、など科学に関する歴史的な出来事を紹介するコーナーです。

この日、ネアンデルタール人のミトコンドリアDNAを解析した論文が科学雑誌『Cell』に発表されました。この論文は、ネアンデルタール人は現生人類との間に交配はなく、現代人の祖先ではなかったと結論するものでした。

【写真】ネアンデルタール人の頭骨ネアンデルタール人の頭骨 photo by gettyimages

しかし近年、核遺伝子を用いた解析から、現生人類はネアンデルタール人の遺伝子を数%持っているという結果が発表され、それまでの常識が覆されることになったのです。

人類はどのように進化してきたのでしょうか?

現在進行形で常識が大きく変わろうとしている人類史の研究から、いま目が離せません!

 関連書籍 

我々はなぜ我々なのだろう

【書影】我々はなぜ我々だけなのか

我々ホモ・サピエンスの出現以前にいた様々な「人類」。しかし彼らはすべて滅び去り、いま人類は「我々」しかいない。なぜ我々は我々だけなのか? 答えを追い続けた著者が人類進化学の第一人者に導かれて出会った衝撃の仮説! 本書は、2018年の「科学ジャーナリスト賞」に選定されました!

〈『我々はなぜ我々だけなのか』が科学ジャーナリスト賞2018受賞!〉の記事はこちら

ウェブ連載記事、〈ぼくたちはなぜぼくたちだけなのだろう〉も、ぜひどうぞ!