photo by iStock

カトリック教会はビッグバンを歓迎した

科学と神の「ねじれた関係」

宇宙は「万物の創造主」である神が創った、といまでも信じている人は、さすがに少数派だろう。しかし、宇宙のはじまりが科学の言葉で語られるようになったのは、実はつい最近のこと。そこに至るまでには、科学者たちの長い苦闘があったのだ。

「神による天地創造」を打ち破るビッグバン理論は、なぜカトリック教会に歓迎されたのか? ビッグバン理論の「最初の提唱者」の名は、なぜ歴史に埋もれてしまったのか? 

素粒子物理学者でありながら、カトリック教会の聖職者でもある筆者が明かす、表には出てこない「科学と神」の葛藤のドラマ!

ビッグバン理論の「本当の提唱者」

「宇宙はどのようにして始まったのか」。宇宙論とよばれる学問は、この究極の問いに答えることをめざして発展してきました。現在の私たちは、それが「ビッグバン」という理論でおよそは説明できることを知っています。しかし、つい最近(20世紀前半)までは、まだ多くの人がそれを「神の御業(みわざ)」と考えていました。

「神」とは、具体的にはキリスト教の神です。世界にはたくさんの神様がいますが、現在も世界の人口の3分の1にも及ぶ信者(約25億人)をもつキリスト教の影響力は、とくに西洋社会ではとてつもなく巨大でした(国民の約1%しか信者がいない日本の私たちには、なかなか想像しにくいのですが)。

【写真】教会の民衆に対する影響力(14Cのフレスコ画))
  西洋社会ではキリスト教の影響力がとても大きかった(14世紀のフレスコ画 gettyimages)

キリスト教の教義を明文化したのが聖書です。『旧約聖書』の初めには、天地創造について書かれた「創世記」が掲げられています。あの有名な、神が6日間で世界を創ったという話です。その「第一日」は、こう書かれています。

はじめに神は天と地を創造された。
地は形なく、むなしく、やみが淵のおもてにあり、神の霊が水のおもてをおおっていた。
神は「光あれ」と言われた。すると光があった。
【写真】カロルスフェルトの絵
  神は「光あれ」と言われた(19世紀のドイツ人画家カロルスフェルトの作品から) photo by gettyimages

神はまず天と地を創り、続いて闇に覆われた天地に光をもたらした――この「創世記」の記述を覆し、神を持ち出さずに科学の言葉で書かれた天地創造の理論をつくることが、いまも続く科学者たちの悲願なのです。

ビッグバン理論誕生の端緒をつくったのは、アルバート・アインシュタインでした。幼少期に聖書を感激しながら読んでいた彼は、やがてダーウィンの進化論にふれ、聖書が事実ではないことを知って大きなショックを受けました。以後、頭ごなしに教えを押しつけてきた教会に対して彼は「二度とだまされない」と敵愾心を燃やすのです。この怒りが、数々の発見の原動力となったことは間違いないでしょう。

【写真】アルバート・アインシュタイン
  アルバート・アインシュタイン(1879-1955)

1915年にアインシュタインが発表した一般相対性理論は、物質の重力によって時空が歪むという衝撃的な理論でした。それを数式にしたアインシュタイン方程式を解くと、宇宙は収縮したり、膨張したりすることが導かれました。ところが、アインシュタインはそんな宇宙を受け入れられず、宇宙を落ち着かせるために、方程式に「宇宙項」を入れるという意図的な操作(いんちき)をしました。

しかし、実はアインシュタインは数学が苦手でした。数学を得意としていた物理学者たちは、宇宙項なしでアインシュタイン方程式を解くと、本当のところ何が起こるのかを見極めようとしました。その一人が、ジョルジュ・ルメートルでした。

【写真】ジョルジュ・ルメートル
  ジョルジュ・ルメートル(1894-1966)

宇宙項なしでアインシュタイン方程式を解いたルメートルの結論は、「宇宙は膨張している」でした。彼は1927年に「膨張宇宙論」を発表し、そこでさらに天才的な発想の飛躍をみせます。

――宇宙が膨張しているなら、時間を逆回しにすれば、宇宙のはじまりはごく小さな点のような粒子だったはずだ――

「原始的原子の仮説」と彼が名づけたこの考え方こそ、宇宙は極小の高温高密度の粒子が爆発して誕生したとする「ビッグバン理論」の原型でした。 

しかし、これほど大きな功績をあげたわりには、ルメートルの名はあまり知られていません。みなさんのなかでも少し宇宙論にくわしい方なら、膨張宇宙論と聞けば「ハッブルの法則」を生んだエドウィン・ハッブルを、ビッグバンと聞けばジョージ・ガモフらを思い出されるのではないでしょうか。

実はそこに、「科学と神」のねじれた関係をみることができるのです。

【写真】アインシュタイン、ルメートル、R. ミリカン
  右からアインシュタイン、ルメートル、アメリカの物理学者ロバート・ミリカン photo by getty images