カチカチフランスパンが、絶品フレンチトーストに!

科学的知識があれば、おいしくできます
ブルーバックス編集部 プロフィール
ラスクにする

カリカリさくさくの、ほんのりキャラメルが香るスタンダードなラスク。科学を意識したプロの味にするためには、キャラメル化反応を導く、トッピングのシュガーバターの作り方がカギ!

分量は1cmの厚さに斜め切りしたフランスパン20枚分

(1)シュガーバタートッピングを作る。
無塩バター40gを少し常温に置いた後へらなどでつぶし、泡だて器でクリーム状にする。グラニュー糖30gを混ぜ合わせる。

【写真】シュガーバタートッピングを作る

(2)トッピングを塗る
1cm厚さに斜めにスライスしたフランスパンに(1)を塗る。

【写真】トッピングを塗って、オーブントレーに並べる

(3)オーブンで焼く
(2)をプレートに並べ、180℃のオーブンで8~10分焼成する。表面にうっすらと焼き色がついたら、オーブンから出して冷ませば、できあがり。

【写真】ラスクのできあがり

よりパンを美味しく食べるための1冊はこちらです!

パンの科学

【書影】2058パンの科学

著:吉野 精一

  書籍の詳細はこちら  

 ★関連記事★ 

本記事中に出てくるパンの風味を出す「キャラメル化反応」のほか、パンの香味成分が生成される「クラスト反応」について解説した以下の記事も、ぜひご覧ください!

いつものトーストをもっと美味しくする方法/こんなにも奥が深いパンの科学

【バナー】いつものトーストをもっと美味しくする方法

パンのあの食感と香りをつくるには、こんな科学的根拠があった/こんな試行錯誤があったとは

【バナー】パンのあの食感と香りをつくるには、こんな科学的根拠があった