photo by Getty Images

父・正日の巨大な「負の遺産」が、金正恩の改革の邪魔をする

米朝両首脳とも意外に前向きな理由

「不可逆的」に抵抗する理由

歴史的な米朝首脳会談(6月12日)が終わった。共同声明の評価については悲観論と楽観論が交錯する。

「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)」――。

悲観論者が問題視するのは、この鍵言葉が盛り込まれなかった点だ。非核化の具体的な方法と期限を欠く「空虚な声明」と批判する。

他方、楽観論は米朝両指導者が会談したこと自体を重視する。声明は新味に欠けるが、金正恩委員長がトランプ大統領に語った「完全な非核化への断固とした揺るぎない決意」を大きな第一歩と見る。

筆者は悲観も楽観もしない。すべてはこれからの米朝実務者協議で始まる北朝鮮の具体的な行動と速度に懸かる。

 

それでも、今回の米朝首脳会談が重要な一歩であることは疑いない。先の南北首脳が交わした板門店宣言と同じ文言でも、今回は相手が違う。

親北左派政権の文在寅大統領との約束は守らなくても大事には至らないだろう。だが、ボルトン補佐官に代表される強硬派が脇を固めるトランプ大統領を騙せば、ただでは済まない。それこそ大事に発展する。

それでも「CVID」の文言がどこにも見当たらないのは事実だ。その点ではアメリカ側が譲歩したのは間違いない。問題はその理由にある。

会談後に米高官から漏れ伝わる話では、北朝鮮は「CVID」の内、「I」(不可逆)に最後まで激しく抵抗したという。その溝が埋まらなかった結果、「C」(完全な非核化)だけが共同声明に盛られる運びとなったようだ。

「完全かつ検証可能」には同意できても、「不可逆」は絶対に認められない――。

これが北朝鮮側の抵抗線のようだ。そうだとすれば、金正恩の意図は何なのか。まさか「可逆」(後戻り)の余地を公然と残したいわけではないだろう。おそらく、アメリカの求める「不可逆」の水準が余りに過酷なせいである。

アメリカは、核ミサイルと関連施設の廃棄だけなく、核ミサイル開発に携わった数千人の科学者・技術者の「海外移住」を要求に掲げる。核拡散の危険があるので、アメリカの実質的な監視下に置くという意味だ。

さすがに金正恩はこれを丸呑みにはできない。金正恩はこれまで科学者と技術者を「英雄」と賞賛・厚遇してきた。それを今になって家族もろとも国外追放すれば、深刻な威信低下と政治的危機を招く。