米朝会談直前に、金正恩が漏らしていた「トランプへの不満」

インサイドレポート

遂に実現した「世紀の会談」。2大巨頭の握手の裏で、舞台となったシンガポールでは、両国の思惑が蠢いていた。米朝の握手は日本に何をもたらすのか。本日発売の週刊現代で、近藤大介次長が米朝会談の裏側を詳細にリポートしている。

金正恩の手は震えていた

「モドゥンゴスル イギョネゴ イチャリカジ ワッススムニダ」

6月12日午前9時4分、シンガポールの外島セントサにある高級リゾート「カペラホテル」3階の柱廊の前に、右手からトランプ大統領が、左手から金正恩委員長が現れ、中央でガッチリ握手を交わした。二人は12秒間、互いに見つめあったまま手を離さなかった。

着席し、金正恩委員長が独特のだみ声で重々しく言い放ったのが、冒頭の言葉だった。「何もかも乗り越えて、ここまで来ました」という意味だ。

金委員長の言葉を、脇の朝鮮人女性通訳が英語に訳そうとするが、緊張のあまり声が震えている。当の金委員長も、緊張して左手が小刻みに震え、それを覆い隠すため、右手を左手にかぶせた。

「何もかも乗り越えて来た」―この一言に、金委員長の苦悩が凝縮されていた。

 

今回、金委員長は「自国もしくは自国近く」の開催にこだわった。それは何より、留守中の朝鮮人民軍によるクーデターを恐れたからだった。

「トランプが完全な非核化を迫るのであれば、会談は再考されたほうが……」軍幹部たちは、こう建議した。いままでアメリカという敵がいたからこそ、祖国を防衛する120万朝鮮人民軍は、北朝鮮国内で最強最大の既得権益集団でいられた。

それが、アメリカが敵でなくなれば、軍人よりもビジネスマンのほうが大手を振る社会が到来する。ちょうど隣の中国が、数十年前に経験したようにだ。だから朝鮮人民軍としては、トップがアメリカにのめり込みすぎるのは、何としても防ぎたいのである。

そんなことは、金委員長とて百も承知だ。だからこそ、軍が管理している自身の専用機は信用できなかった。それで恥を忍んで、習近平主席に専用機を借り受けたのだ。