Photo by gettyimages

金正恩に敗北を喫したトランプ大統領の「本当の心境」

まだまだ道は長そうだ

一転、トランプ敗北へ?

シンガポールで開かれた米朝首脳会談は「失敗」だったのか。すべては持ち越されてしまったのだから「成功」とは言えない。だが、最大のポイントは「首脳会談が今後も続く」点にある。今回の会談だけで交渉プロセス全体を評価するのは、あまりに性急だ。

まず、米朝首脳が発表した共同声明を確認しよう。

声明は、米国が北朝鮮に安全の保証を与えると約束し、北朝鮮は朝鮮半島非核化への約束を再確認した。そのうえで、新たな米朝関係や半島の平和構築、先の南北首脳会談で発表した「板門店宣言」の再確認、遺骨の返還などを記している。

ここには、最大の焦点だった非核化を達成する具体的な時期や方法は何も書かれていない。時期を明示しない約束は「子供の宿題や部屋の片付け」と同じで、何も約束していないのと同じだ。「いつかやる」という話は結局、大抵の場合「いつまでもやらない」のである。

 

それだけでなく、トランプ大統領は記者会見で「交渉が順調に進んでいる間は戦争ゲームをしない。莫大な金がかかる。(北朝鮮に対して)非常に挑発的だ」と語り、米韓合同軍事演習を中止する方針を示唆した。

トランプ政権は「完全で検証可能、不可逆的な非核化(CVID)」を何度も強調してきたが、その文言もなかった。北朝鮮の国営メディアは、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が会談で「段階的で同時並行的な非核化」を求めた、と報じている。

以上をみれば、トランプ氏はCVIDを飲ませられなかっただけでなく、米韓合同軍事演習の中止を受け入れた一方、正恩氏は相変わらず、段階的非核化の主張を貫徹しているのだから、今回は「トランプ氏の敗北」=「正恩氏の勝利」はあきらかである。

なぜ、トランプ氏はそこまで譲歩してしまったのか。

最大の理由は、中身よりも史上初の首脳会談を成功と宣伝したい「政治的パフォーマンス」を優先させたからだろう。大統領自身が「時間がなかった」と認めたように、中身を詰めるには時間が足りなかった、という事情もある。

会談の開催自体をいったん中止までしてみせた強気姿勢からは、あまりにかけ離れた内容だったので、世界には失望感が広がった。トランプ氏自身も米メディアで「1年後には間違いだったと言うかもしれない。それはありうる」と語り、自信のなさを吐露している。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら