photo by gettyimages

孫正義が語る「超知性時代に生き残れる人」の分岐点

30年後、あなたは何をしているか
ソフトバンクグループ会長兼社長の孫正義氏が、2時間以上という長時間にわたって語り続けた貴重な講演録(第1回第2回はこちら)。
最後に孫氏が聴衆に伝えたのは、10兆円ファンドで目指す壮大な構想の内幕。そして、これからやって来る「超知性時代」に生き残れる人材像についての話だ。

会社をどんどん作る

<携帯キャリア事業で大成功した孫正義氏だが、一通信事業者で終わるつもりはないと言う。いま取り組んでいるのは世界中の成長著しいベンチャーに投資をする「ビジョンファンド計画」。その資金調達をめぐる驚きの秘話を明かした。>

いま、ソフトバンクは続々と世界のナンバーワン企業の筆頭株主になっています。上場前のユニコーンの筆頭株主になっています。今後は彼らとジョイントベンチャーを続々と作ります。

日本の通信をやっている宮内(謙・ソフトバンク社長)たちと一緒に、みなさんに期待するのは、Yahoo! JAPANのようなジョイントベンチャーを続々と国内で作っていくことです。どんどん作っていきたい。

さらに私自身はグローバルに打って出て、世界の筆頭株主になっていきたい。もちろんみなさんの中で、世界で活躍したいという人はそちらのほうの我々のグループにも入ってほしい。これらのユニコーンをバンバン育てていきたい。

 

1分1000億円のプレゼン

そのためには、資金が必要でした。その資金を集めるのにサウジアラビアやアブダビだとかと交渉しました。アップル、クアルコム、フォックスコン、シャープなど、こういったところにも一緒に資金の参加をしてもらいました。

これからみなさん、いろんなプレゼンを作ったり、営業したりするでしょう。その結果、どれほどの成果を得られるか。

私の記録は1分1000億円です。みなさん、1分で1000億円手にできますか? 

言っとくけど簡単じゃないよ。おそらくギネスブックに載るぐらいの記録じゃないかな。私はサウジアラビア政府の投資部門に対して、45分かけて4.5兆円の調達をした。

photo by gettyimages

初めて会ったんです。もらっていた時間は15分だけ。最初の2分くらいでガツンと掴んで、15分のアポが45分まで延長された。

最後には4.5兆円をコミットしてもらいました。「1ヵ月後にサウジにきて、それまでに細い点を双方詰めて、そこで覚書に調印する」と言ってくれたんです。

もちろん我々自身も3兆円投資します。さらにアブダビ、アップルなどからも資金を集め、ソフトバンク・ビジョン・ファンドは合計で10兆円の資金を用意しました。この10兆円というのは簡単に思うかもしれないけれど、全世界の、すべてのベンチャーキャピタルを足した総合計が7兆円です。我々は1社で、1発目で10兆円。

一発逆転とはこのことを言うわけです。