7月 3日 初の太平洋横断海底ケーブルが設置される(1903年)

科学 今日はこんな日

地球のみなさん、こんにちは。毎度おなじみ、ブルーバックスのシンボルキャラクターです。今日も "サイエンス365days" のコーナーをお届けします。

"サイエンス365days" は、あの科学者が生まれた、あの現象が発見された、など科学に関する歴史的な出来事を紹介するコーナーです。

アメリカのサンフランシスコから、フィリピンのマニラまでをつないだ太平洋横断海底ケーブルの設置が、この日完了しました。

この年の初めに開通したサンフランシスコからハワイまでの海底ケーブルを延長する形で設置されたもので、1950年代まで、アメリカ本土と太平洋地域間の通信を支える中心的なインフラとして利用されました。

さらに、この海底ケーブルは1906年には上海経由で、日本まで延長されています。

【写真】現在主流の光ケーブル photo by iStock電信から同軸ケーブルによる電話回線を経て、現在では大容量の光ケーブルが海底ケーブルの主流である photo by iStock