「子供を持つとキャリアを失う」と思っている女性の大きな勘違い

経営学の実践的アドバイス
国保 祥子 プロフィール

時短にしたらキャリアを失った

私は経営学者として、民間企業や官公庁といった「組織」や、そこで働く「人材」について研究している。私が学位を取ったのは経営学大学院(いわゆるビジネススクール)だ。

実務家向けの経営教育を行っているビジネススクールには、さまざまな組織の現場における人材教育の相談が持ち込まれる。

そのうちに、私も研究と教育の傍らで、企業の従業員や行政機関の職員といった実務家を対象にした人材育成を手掛けるようになった。その中でも、最近よくご相談をいただくのが、「女性の人材育成」の案件である。

昨今は育児休業制度や短時間勤務制度など、女性が子どもを産んでも働きやすい職場の制度が整いつつあるが、そうした職場で、出産後に意欲を失って必要最低限の業務しかしない女性が増えているようなのだ。

今や結婚や出産を機に仕事を辞める女性は減り、育児休業を経て職場に復帰するという流れが一般的になってきた。しかし一方で、復職後の女性が、就労意欲が低い状態で必要最低限の業務だけをこなす「ぶら下がり」や、自分の権利を声高に主張する「権利主張」となる現象が問題になっている。

 

具体的な例で言うと、

「出産前は比較的意欲をもって働いていた女性が、育休から復帰した後は目に見えて仕事に対する意欲を失って、言われたことしかやらないようになった」

「こどもの病気を理由にした当日欠勤が多く業務に頻繁に穴をあける」

「退社間近の時間に声をかけると明らかに迷惑そうな顔をされる」など。

もしかしたら皆さんにも、心当たりがあるかもしれない。

Photo by iStock

女性の働きやすさに関しては、育休制度、短時間勤務制度(時短)など制度の整備は進んできているが、家庭の家事育児タスクをほとんど女性が担っているのが現状だ。

職場では男女雇用機会均等が進みつつある一方、日本の男性が家事育児に費やす時間は欧米の3分の1と、家庭内ではまだまだ性別役割分担が行われていると言える。ここに、落とし穴がある。

女性は核家族で家事育児をフルタイムでこなしながら仕事もフルタイムでというのは当然ながら難しいので、時短勤務などで労働時間を調整する。しかしこの時短勤務が、意図せずマミートラックの入り口になることがあるのだ。

というも、現在の多くの職場では、時短制度利用者とフルタイム勤務者との業務配分や評価方法といった、管理上のノウハウがまだまだ確立されていない。

その結果、管理職は子育てが大変だろうという配慮や、短い勤務時間や突発的な欠勤で業務が滞ることへの不安から、業務量を軽減したり欠勤してもインパクトのない業務をワーキングマザーにあてがったりという傾向がある。

しかし責任の少ない業務では、評価ややりがいも少なくなる。そして適切な業務経験を積めず、成長機会を失い続けたまま数年経ってしまうと、もはやキャリアアップは望めなくなってしまうのだ。

つまり本人は一時的なつもりでも、成長に必要な業務経験を逃しつづけたまま年齢を重ねることで、元のキャリアトラックに戻れなくなる可能性が高い。なんとなく時短制度を利用した結果、こうして意図せずキャリアの可能性が狭まっていく現象は「時短トラップ」と呼ばれている。

時短勤務にすることで給料が減ることに加え、さらに遣り甲斐もない評価もされないとなれば、仕事に対する意欲を失うのは当たり前と言える。仕事の楽しさを知っている女性であればなおさらだろう。