シングルマザーが考察する「ワンオペ」と「日本の夫婦」の深い闇

原因は「ツーオペ」の失敗にあった
松本 愛 プロフィール

「主体的な家事」を、頑なに拒む夫たち

子供がある程度大きくなっても、そういう夫は変わらない。上の子のPTAの仕事が朝入ってしまい、下の子の保育園への送りを夫に頼んだC子さん(40歳・自営業)。

すると「ごめん、会社に行くのがギリギリになっちゃうから無理だよ」と言われたそう。「ギリギリ間に合うんだよね?」と重ねて聞くも、「PTAの用事で俺が犠牲になるのはちょっと……」と断られたという。

どうやら、これだけ共働き家庭が増えているにもかかわらず「育児と家事は妻がするもの」という思い込みが夫側にある家が多いようだ。

まだまだ産休育休でキャリアが不安定な妻より、夫のキャリアが優先されてしかるべき、ゆえに家事育児は妻がやるべき、という空気が蔓延しているからだろうか? もしくは専業主婦モデル世代の自分の母親たちが家事も育児も一人でやっていたから?

ともかく、社会の実態とは懸け離れた思い込みにより、育児と家事について過度な負担を妻側が負わされることになり、上のエピソードのようにバカみたいな話が巷に溢れることになる。

「いやいやいや」と思っても、家庭内のような閉鎖空間でパートナーから強い態度に出られてしまうと、妻側は我慢せざるを得ない。もし抗議したら喧嘩になるからだ。喧嘩上等で家庭内の待遇の改善を申し立てると、どうなるか。

photo by iStock

もし妻側が強ければフラリーマンの誕生だ。フラリーマンとは「息抜きしたいから」「家に帰っても居場所がないから」という理由で、仕事後にまっすぐ家に帰らず、寄り道して時間を潰す男性のこと。「妻がイライラしていて帰りにくい、家事を手伝っても文句ばかり言われる」などと言って、家に帰れないと訴える。

また夫側が強ければ、モラハラやDVに発展しかねない。

そして誰かに相談すれば「男なんてそんなもんよ」と言われてしまい、結果、妻は諦めて育児も家事も一人でするしかなくなるのだ。

 

でも、それは「諦め」だ。一生添い遂げようと思った愛する人から、理不尽な仕打を受けるのは辛いだろう。辛い状況にいるのに、夫から理解も手助けも得られなければ、自分は大事にされていない、愛されていないと感じてしまうこともあるだろう。そうなれば、二人の信頼関係は破綻する。

いやでも、ちょっと考えてみてほしい。それほどまでに「家事をしたくない、できない」理由が本当にあるのかどうか、を。

そもそも、家事なんてそんなに難しいものではない。タスクが多いせいで時間と手間はかかるが、家事の大半はうちの5歳児にだってできるくらいの単純作業なのだ。

それに比べて、夫婦二人で力を合わせて家事育児をするメリットは計り知れない。