6月29日 初代iPhoneがアメリカで販売開始(2007年)

科学 今日はこんな日

地球のみなさん、こんにちは。毎度おなじみ、ブルーバックスのシンボルキャラクターです。今日も "サイエンス365days" のコーナーをお届けします。

"サイエンス365days" は、あの科学者が生まれた、あの現象が発見された、など科学に関する歴史的な出来事を紹介するコーナーです。

この日、初代iPhoneがアップル社から発売されました。

販売店に1000人以上の行列ができるほど話題となり、発売から74日で販売台数は100万台に達しました。

日本では、初代iPhoneは通信方式の問題で使用することができず、2008年に発表されたiPhone 3Gから販売が開始されました。

発売当初はこれほどスマホが普及するとは思ってもいませんでしたが、いまではほとんどの携帯電話がスマホになっています。さらに、ブルーバックスをiPhoneで読むことだってできるというから驚きです。

【写真】iPhoneを発表するS.ジョブスアップル社のCEO、S. ジョブズ氏によってiPhoneが発表されたときの様子 photo by gettyimages

次期iOXについて、WWDC現地レポートはこちら 

意外!「アップルがAIを信用しない」たった1つの理由 / 新OSから読み解くiPhoneの未来