写真:筆者提供

いま日本で「韓国人」になりたがる女子高生が…なぜ?

おじさんは理解不能?オルチャンの魅力

韓国人に憧れる日本人「オルチャン」とは

今、「韓国人になりたい!」と憧れている10代を中心とした女子の存在が注目されている。10代向けの雑誌には「韓国人に近づける」メイクやファッションの特集が毎月組まれている。しかも数ページではなく、数十ページにわたって紹介されていることも少なくない。表紙に大きく韓国特集について書いている雑誌も増えている。「韓国風」が日本の10代のトレンドになっているのだ。

韓国特集を組んだ若い女性向けファッション誌「JELLY」

韓国人に憧れる日本の女子は急増中だ。ファッションやメイクも韓国人に寄せて、できるだけ韓国人に近づこうとする、そんな女子を表す「オルチャン」という言葉がある。「オルチャン」は韓国語で「顔」と「最高」を合わせた造語で、顔がいい人(主に女性)を指す言葉だが、韓国で「オルチャン」は2003年頃流行り、現在では死語となっている。今の日本でいう「コギャル」とか「ヤマンバ」といったところだろうか……。

そんな言葉が今、日本で大流行中だ。本来の意味とは異なる「オルチャン=韓国人っぽい」といったニュアンスで使われることが多く、「オルチャンメイク」「オルチャンファッション」「オルチャン顔」などと単語と組み合わせて使われることも多い。もちろん辞書には載っていないので、明確な意味合いは誰にも分らないが、「オルチャン」というワードを知らない10代は珍しいのではないだろうか。

 

私が「韓国好き」から「オルチャン」に変わった瞬間

私は典型的韓国好き女子である。幼いころから韓国カルチャーの集まる街、新大久保に住んでいたこともあり、K-POP、韓国料理、韓国旅行などが大好きだ。そして、私自身も韓国人に憧れを持ち、韓国人に容姿を寄せているオルチャンでもある。

韓国人のファッションスタイルや顔を気に入っており、少しでも韓国人の見た目に近づきたいと思う。そのため、韓国へ足を運び、韓国で韓国人に髪を切ってもらい、服を買う。持っているコスメはほとんど韓国のモノだ。自分で言うのもなんだがなかなかの徹底ぶりだと思う。韓国で韓国人に韓国語で道を聞かれた時はめちゃくちゃ嬉しかった。

何気なく着ていた服も考えてみたら全身韓国で買った服だった

そんな私が「韓国好き」から「オルチャン」にもなったのは2013年中学2年生の時だった。モノマネメイクで一躍人気者になったざわちんや、当時人気だったブロガーが「オルチャンメイク」(韓国人っぽく見えるメイク)を紹介していたことがきっかけだった。

彼女たちのブログには、日本人はピンクやブラウンのアイシャドウを好んで使うのに対して、韓国人はオレンジのアイシャドウを使うことや、涙袋をよりはっきり見せる、アイラインを太く長く引くと韓国人っぽく見えることなど、韓国人の顔に寄せるためのヒントがたくさん載っていた。そしてそれらを駆使したオルチャンメイクを施したブロガーたちの姿は普段のメイクをしているときとは全く違って見えた。

「これが韓国人のメイクなのか!」と当時の私は思った。特殊なメイク方法や普段とガラリと変わった彼女たちの顔をみて驚き、若干の違和感を覚えたが、確かにそれを当時の私は「かわいい!」と思った。私も小学3年生の頃から続けていたブログがあったので、オルチャンメイクを見様見真似でやりブログに投稿したことを覚えている。

当時、少女時代やKARAといった韓国人アイドルは人気ではあったが、韓国人に自分のルックスを寄せようとするオルチャンのような存在はいなかったので、雑誌でもほんの小さく取り上げらえるようなマイナーなブームではあった。しかし、オルチャンメイクが日本ではじめて話題になったのはこの頃だったと言えるだろう。