Photo by iStock

趣味でちょっと稼ぐ「定年後に失敗しない得得マニュアル」

読書、釣り、写真がおカネになる

おカネにならない趣味と思っていても、簡単な資格を取れば仕事が回ってくるし、ネットを使えば個人売買でリスクなく利益を得られることもある。儲けは薄くとも、好きなやり方で人生を楽しもう。

専門知識がなくてもOK

「退職金を元手に、料理が得意だからと飲食店の経営をしたり、株をやっていたからと資産投資に挑戦しようとする気持ちはわかりますが、私の知る限りではほとんどうまくいったためしがありません。

家族との幸せなセカンドライフを思い描くのであれば、趣味を活かしつつ、いくばくかのおカネを稼ぐほうが、はるかに合理的な選択だと思います」(ファイナンシャルプランナーの高伊茂氏)

長年の会社員生活にピリオドを打ち、やってきた悠々自適の日々。老後資金は十二分とはいえないが、いまさら再就職先を探し、再びネクタイを締めて毎日早起きするのは気が進まない。

かといって、事業や投資に失敗すれば、家族ごと路頭に迷うことになりかねない。ある調査によると、飲食店は2年以内に約50%が廃業すると言われている。安易に手を出せば地獄を見るのはあきらかだ。

それならば、自分の趣味を有効活用してちょっと稼ぐ、いみじくも「好きこそものの上手なれ」の精神で生活するほうが、より充実した人生を送ることができるのではないだろうか。

 

「現役時代からお酒が大好きで、次の日の仕事の活力になっていましたが、定年後、昼から酒を飲んでいれば妻から白い目で見られるし、人付き合いも悪くなる一方。このままではいけないと思い、唎酒師の資格を取ってみようと思ったんです」

こう語る60代男性はいま、デパートの日本酒コーナーでリカーアドバイザーとして週3日店頭に立ち、客にオススメの日本酒を紹介している。

唎酒師の資格は在宅で通信教育を受けるか、講習と試験をクリアすれば取得することができる。専門的な知識や飲食店経験がなくても合格できるので、酒を嗜む人にはもってこいの資格だ。

ちなみに合格率は80%と比較的容易。日本酒だけでなく、焼酎やワインなどそれぞれ専門の資格があるので、自分の嗜好に合わせて学ぶことができる。