検証・イニエスタに楽天が支払う「年俸33億円」は高いか安いか

チームの年俸合計を一人で超える金額
小宮 良之 プロフィール

決して高すぎるわけではない

一人の世界的プレーヤーとしては、33億円の年俸は決して高くはない。

イニエスタは、バルサでも年俸800万ユーロ(約10億4千万円)を稼いでいた。彼のようなトップ選手がヨーロッパからアジアのマーケットに移籍することは、「下る」ことを意味する。

楽天に先んじて交渉に入っていた中国の重慶当代は、約35億円+イニエスタが所有するワイナリーのワイン600万本=約46億円という破格の条件を出していた。イニエスタが現地に招待されていたこともあって、一度は「契約内定」とも報じられた。

チェルシーから上海上港に移籍したブラジル代表オスカルは、年俸33億円+移籍金約90億円。メッシは年俸4000万ユーロ(約52億円)と言われる。世界トップレベルの選手の相場は、こんなものだ。

Photo by gettyimages

なによりイニエスタの場合、契約満了のタイミングで、巨額の移籍金を払う必要がなかった。彼のようなトップ選手を、移籍金を支払って獲得する場合、必要な資金は100億円はくだらない。

事実、バルサはブラジル代表コウチーニョを200億円以上支払って獲得しているし、パリ・サンジェルマンが、同じくブラジル代表ネイマールを500億円以上で売却する可能性も取りざたされている。

34才になるイニエスタだが、今シーズンも衰えは感じさせず、チームに慰留されていた。「バルサと対戦するチームには移籍しない」という縛りを本人が設けていなかったら、競争はさらに激化していたはずだ。

イニエスタが日本という地を選んでくれたことに、心から感謝すべきだろう。

 

「韓国や中国にはあまり行きたくないよ。でも、日本はいいね!」

欧州ビッグクラブのアジアツアーが流行っていた時期、バルサのある選手はそう洩らしていた。日本人の礼儀正しさ、真面目さ、イベントの進行の良さなど、「おもてなし」を気に入ってくれたようだった。

国内クラブと対戦したときにも、グラウンドの管理が良く、スタジアムの雰囲気が友好的で、悪質なファウルをする選手が少なく、ボールプレーを好む点などに好印象を持ったという。

日本に対するそうしたイメージが、あるいはイニエスタにも残っていたのかも知れない。

「33億円分の成功」とは何か

では、イニエスタは金額に見合った成功を収められるのだろうか?

念のために書いておくが、イニエスタはシーズンに30得点する選手ではない。シーズン平均でいえば3、4点の選手だ。しかし彼の仕事はチームプレーを円滑にすることにある。それを弁えていないと、「1ゴール10億円!?」といったとんちんかんな揶揄をするメディアが出てくるかもしれない。

なにをもって「成功」とするのか。その定義は意外と難しい。

ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルランが、2014年当時Jリーグ史上最高の年俸6億円でセレッソ大阪に入団した際には、「ワールドカップ得点王」という触れ込みで日本中が大騒ぎになった。

フォルラン自身、真面目な性格で親日家。さらにストライカーとしても経験豊富で、インテリジェンスに溢れていた。誰もが彼に期待していた。

ところが、在籍した1年半の成績は、J1で7得点、J2で10得点。凡庸な成績で、チームを去っている。

「ゴールが見えたら、もっと積極的にシュートを打て!」

フォルランは若いセレッソの選手たちを叱咤したが、それが敬遠され、浮いた存在になってしまった。

チームの選手同士の感覚が大きくズレた場合、そこに乖離が生まれ、超一流選手であっても機能しなくなる。神戸はこれを教訓とすべきだろう。