Photo by Getty Images

米朝会談中止か否か、の最中に気になる安倍総理の「胸の内」

なぜ会期延長なのか

トランプ「会談中止」で面子を失った「あの人」

正直言って、「ディール(取引)の人」とはいえ、ドナルド・トランプ米大統領が6月12日の米朝首脳会談中止を決断するとは予想していなかった。

ホワイトハウスは5月24日午前(米国東部標準時間)、トランプ大統領が北朝鮮の金正恩労働党委員長に宛てた、米朝首脳会談中止を通告する書簡を発表した。その中に「米国が保有する核戦力は非常に威力があり強力だ。私はそれを決して使わずに済むことを祈っている」とあり、かなり強圧的なトーンであった。

その一方で、発表直後の記者会見では「会談を楽しみにしていた。いつか会えることに期待する」と発言、柔軟な対応の可能性も残した。

 

要は、トランプ大統領が米朝対話のドアは依然として開いている、ボールを金委員長に投げたと言っているのだ。

北朝鮮側も米側の想像外の強硬姿勢に驚いたのか、翌25日、同国外務省は「金委員長はいつでもトランプ大統領と会う用意がある」との声明を発表、軟化姿勢を見せた。

いずれにしても、この中止発表で面子を失ったのは仲介役を自任してきた韓国の文在寅大統領である。他方、中国が新たな仕切り直し役として急浮上したことで、習近平国家主席が果たし得る役割に注目が集まっている。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら