「この国に陰謀論が蔓延する理由」歴史学者・呉座勇一に訊く

強い危機感を持っています
現代ビジネス編集部 プロフィール

面白ければいい、の問題点

歴史に関する陰謀論と、現代のニュースや出来事についての陰謀論は、別物ではありません。根っこは同じです。だから、歴史学者は徹底的に「歴史についての陰謀論」の荒唐無稽さを浮き彫りにし、陰謀論に惑わされないための知恵を人々に伝えていくべきだと思っています。

そこで、私は『陰謀の日本中世史』を著し、世の中にはびこる陰謀論や俗説に挑みました。

日本史には、陰謀論があふれています。その中で最も陰謀論が乱立しているのが「本能寺の変」です。本能寺の変は、天正10(1582)年6月2日の未明、織田信長の重臣である明智光秀が、信長が宿泊していた京都本能寺を急襲し、最後は信長が寺に火を放って自害した事件です。

この事件をめぐり、多くの歴史小説家や在野の歴史研究家が、やれ朝廷が黒幕だ、いや豊臣秀吉だ、いやいやイエズス会だと好き勝手に陰謀論を展開しています。最近特に売れたのが、明智光秀の末裔と自称する明智憲三郎氏の一連の著作で、「徳川家康が黒幕だ」と主張しています。

 

明智氏の家康黒幕説は、日本統一後に「唐入り」(中国侵攻)を計画していた織田信長が、計画の障害となるであろう徳川家康を討つよう明智光秀に命じたところ、唐入りに反対だった光秀が、家康と手を結んで逆に信長を殺した、というものです。

しかし、信長が唐入りを計画していたという話は、イエズス会宣教師のルイス・フロイスの著述にしか出てきません。これがフロイスの作り話ではなく、かつ信長のホラでもなかったとしても、光秀が計画を知っていたという証拠はありません。

ところが明智氏は「光秀がこれを知ってしまった、としたらどうでしょうか」と仮定してしまう。しかも、この想像をあたかも事実であるかのように前提として、推測を重ねていきます。このように明智説は、史料を並べてもっともらしく語っていますが、肝心なところはファクトではなく、憶測に依拠しているのです。

「家康が黒幕だろうと秀吉が黒幕だろうと、私たちの生活に直接影響はない。歴史を楽しめればいいじゃないか」と思われる方もいるかもしれません。陰謀論の娯楽性を全否定するつもりはありません。

しかし、「面白ければいい」という発想の延長線上には「東日本大震災は地震兵器を持つ某国によって起こされた」とか、「第二次世界大戦は某組織が裏で糸を引いていた」のような、現代社会を混乱させる厄介な陰謀論があることを忘れてはいけません。

通説と俗説の間には、しっかりと線を引かなければならない。そのためにも、専門家が陰謀論者からの嫌がらせを恐れずに、「これはトンデモ説だ」と明言することが必要だと思います。

陰謀論を見破る方法

では、一般読者が陰謀論を見破るには、どうすればいいでしょうか。

まずは、「通説」の重要性を認識することです。

陰謀論はおもに「通説」を否定するものですが、通説とは、多くの研究者たちが積み上げてきた研究の成果であり、そう簡単に一蹴できるものではないのです。ここを誤解してはいけません。

私たち研究者は、日々この「通説」を批判的に検証しているのです。常に新しい見方があるのではないかと疑ってかかるが、それでも崩れないから、通説なのです。

Photo by iStock

しかも、学界で異端的な立場にいる人や、学界にすら所属していないアマチュアの歴史愛好家が、一発の逆転サヨナラ満塁本塁打で決着をつけることは、まずありません。多くのプロがヒットを積み重ねてようやく「通説」を打破できるという現実を知ってほしいですね。

陰謀論を支持する一般読者のほとんどは、「通説」の元になった研究者の論文や著作を読んでいません。陰謀論者は自分の攻撃対象である通説を意図的に矮小化します。それを鵜呑みにして「通説はこんなにいい加減なものだったんだ!」と思いこんでしまうのです。陰謀論の方が正しいと思っている人は、まずは自分の手で通説をしっかり把握することをお薦めします。