〔PHOTO〕wikipedia

世界中に拡散した「お猿の自撮り写真」著作権はいったい誰のモノか

裁判の結果は…?

群れのなかにカメラを置いて

毎週、堅い話ばかりになってしまっているので、今週は趣を変えてお猿の話。

インドネシアにナルト(Naruto)という名前の雌のサルがいた。ナルトは、哺乳網霊長目オナガザル科のマカク属のサルだ。

ちなみに、ニホンザルもマカク属で、英語ではJapanese macaqueというが、ナルトがなんという種類のサルかが、図鑑を調べてもどうもわからない(どなたか、写真を見てお分かりの方は、教えてください!)。

2011年、イギリスの写真家デーヴィッド・スレーター氏は、インドネシアのスラウェシ島に渡った。そこで、いろいろな動物とめぐり合ううちに、ナルトの群れを集中的に撮影し始めた。ナルトの属する種類のサルは、インドネシアで絶滅の危機に陥っているらしい。

 

そのうちスレーター氏は、わざと何度か群れの中にカメラを自撮りに設定して放置してみた。すると、サルたちはカメラを触ったり、シャッターを押したりしたものの、はたして写真として使えるものはなかった。ところが、例外があった。ナルトの写真だけはぶれていなかったのだ。

その後、スレーター氏は緻密な計画を練り、餌で釣り、カメラを設置し、その場を離れ、良い写真ができるのを根気強く待ったという。すると、ナルトはある日、スレーター氏の思惑通りの行動をとり、しかも名人ぶりを発揮して、ついに何枚かの芸術写真!をものにしたのだった。

〔PHOTO〕wikipedia

スレーター氏が「猿の自撮り」として発表したナルトの超アップ写真には、強烈な魅力がある。琥珀色の目を輝かせて、にっこりと歯をむき出して笑った(?)彼女を見た途端、皆、何となく愉快な気分になり、共に微笑んでしまう。

当然、この写真はネット上で何十万回もクリックされ、世界中に拡散された。スレーター氏とナルトは一躍有名人となった。

ところが、彼のこの大成功に水を差す議論が巻き起こった。「この写真の著作権は誰にあるか?」 ナルトか、それともスレーター氏か?

スレーター氏は、当然、自分に著作権があると主張した。しかし、誰もそれを認めようとはしなかった。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら