あの夏の3日間…1966年「ビートルズ来日」を語ろう

高嶋弘之×宮永正隆×上田三根子
週刊現代 プロフィール

宮永 日本社会はビートルズを理解しきれず、会場が決まるまでにも一悶着ありました。武道館をポピュラー音楽のコンサート会場として初めて使用したのがビートルズ。

それは有名な話ですが、彼らを日本に招聘した日本初のプロモーター、永島達司さんが会場の使用許可を取り付けたら、主催した読売新聞社主で武道館の会長でもあった正力松太郎さんから待ったをかけられた。

高嶋 「神聖な武道館をわけのわからない連中に使わせることはできない」と言ってね。しかし、衆議院議員の赤城宗徳さんが、ビートルズが英王室から勲章を授与されていると伝えたことで、事態は収束しました。

日本にも皇室があるし、礼儀を重んじる国民性なので彼らを大事にもてなさなければならないと判断したんです。

Photo by GettyImages

宮永 それでも厳戒態勢は続きました。国賓のように大事に扱うけれど、日本の若者たちと接点を持たせないぞ、といった感じで大人が勝手に過剰反応してしまっていた。

来日中、4人はほとんど隔離状態。武道館はもちろん、彼らが泊まった東京ヒルトンホテル(現ザ・キャピトルホテル東急)にもすごい数の警官や警備員が動員されました。

高嶋 僕は東芝音工の担当として、6月29日に上司の石坂範一郎専務と、加山雄三さんとホテルにいる彼らを訪問しているんです。

警備が厳しくて、彼らが宿泊していた10階まで業務用の小さなエレベーターで上がるんですが、その中でも警備員がにらみを利かせていました。

 

上田 ビートルズに会ったなんてうらやましい! 4人はどんな感じでしたか?

高嶋 僕らが緊張しながら部屋に入ると、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スターの3人が立っていました。

挨拶をしながら「あれ、ジョン・レノンは?」って思っていたら、後ろからおどけるように現れて加山さんを羽交い絞めにしたんです。驚く僕らを見てポールが大笑い。それで固かった雰囲気が一気に和やかになりました。彼らはいたずら好きなんですよ。