Photo by gettyimages

「モンスター」井上尚弥が世界最高峰のチャンピオンに輝く日

ボクシング4団体の頂点に立てるか

圧倒的優位

(7度防衛したスーパーフライ級から転向し、バンタム級王座に挑戦する井上)

「強い選手と闘う。弱い選手とは闘わない」

デビュー前から、そう公言し実行してきた“モンスター”井上尚弥。

今年に入ってWBO世界スーパーフライ級王座を返上した彼は、バンタム級転向を表明し、5月25日、大田区総合体育館で3階級制覇に挑む。相手はWBA世界バンタム級王者のジェイミー・マクドネル(英国)。「打たせずに打つ」ボクシングスタイルを確立し、これまでに6度の王座防衛を果たしている32歳の技巧派チャンピオンだ。

 

戦前の予想は井上が圧倒的優位。

これに異論を唱えるつもりはない。私も井上のパワフルなパンチは階級を1つ上げても健在だと思う。むしろ無理な減量から解放されることで、勢いが増すのではないか。持ち味のスピードとパワーで序盤から主導権を握り、マクドネルの堅い防御を打ち破る。6ラウンドまでに仕留めるのではないかと私は予想している。

そして井上は、すでに、その先を見据えている。

『WBSS(ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ)』への参戦だ。

現在、プロボクシングのメジャー団体は4つある。WBA、WBC、IBF、WBO。各々の団体が王者を認定しているため各階級の世界チャンピオンが複数存在してしまう。それでは誰が最強なのかが、よくわからない。ならば、チャンピオンたちがトーナメントでぶつかり合って“リアル・チャンピオン”を決めようじゃないかという主旨で開催されるのが『WBSS』なのである。

賞金総額5000万ドル(約54億7000万円)、優勝賞金1000万ドル(約10億9000万円)というスーパーイベントの1stシーズンは、クルーザー級、スーパーミドル級の2階級で行われた。そして今秋に開幕する2ndシーズンでは、バンタム級において8選手参加のトーナメントを挙行すると5月9日、英国ロンドンで発表されている。