5月31日 ケロッグ博士がコーンフレークの特許申請(1884年)

科学 今日はこんな日

地球のみなさん、こんにちは。毎度おなじみ、ブルーバックスのシンボルキャラクターです。今日も "サイエンス365days" のコーナーをお届けします。

"サイエンス365days" は、あの科学者が生まれた、あの現象が発見された、など科学に関する歴史的な出来事を紹介するコーナーです。

アメリカの医師ジョン・ハーヴェイ・ケロッグ(John Harvey Kellogg、1852-1943)が、この日、自身が発明したシリアル食品の特許を申請しました。

この調理法はケロッグが、患者が消化しやすい食事としてパンの代替品を試作中、あやまって材料を放置・乾燥させてしまったことから生まれたものなんだとか。

ケロッグは兄と共同でシリアル食品の会社を立ち上げ、コーンフレークは健康食品として広く受け入れられるようになりました。しかし、コーンフレークに砂糖を加えるか加えないかで兄弟は対立し、最終的に袂を分かつことになったそうです。

【写真】J.H.ケロッグ博士ジョン・ハーヴェイ・ケロッグ(John Harvey Kellogg)博士 photo by gettyimages