Photo by GettyImages

山口達也氏問題で浮き彫りになったジャニーズ事務所の「弱点」

新体制となったばかりで大事件

46歳の男性アイドルの不祥事が、ジャニーズ王国の蟻の一穴となるのか。新体制となったジャニーズの弱点を露にした。

会見もしないつもりだった

「元『TOKIO』の山口達也(46歳)の酒好き、女好きは、ジャニーズ事務所はもちろん、テレビ各局も分かっていたことです。

山口がレギュラー出演していた『ZIP!』(日本テレビ系)では、女性スタッフを山口と一緒に泊まりのロケには行かせないということが、長年の申し送り事項になっていました。

ですが、局としては表面上、山口を番組から降板させる理由もないし、ジャニーズに注意を促すこともできなかった。いつ女性の被害者が出るかもしれないと思いながら黙っていたテレビ局も共犯なんですよ」

ある民放のテレビ局幹部は自戒を込めてそう話した──。

山口はバラエティ番組『ザ!鉄腕!DASH!!』(日テレ系)でのストイックな奮闘ぶりが、お茶の間で人気を得ていた。

私生活に多くの問題を抱えていると知りながら、そのイメージを守るためにジャニーズ事務所とテレビ局は、いわば共謀関係にあった。

 

この事件でジャニーズ事務所は完全に後手後手に回った。

4月25日、NHKが山口の書類送検を報じた直後の段階は、示談が成立していることから、ジャニーズはすぐには本人の謝罪会見を開かずに状況を見守る方針だったという。その代わりに、わずか3行だけの謝罪文をマスコミにFAXした。

「この3行だけのFAXが、反省が足りないと世間の反感を招いてしまった。いまジャニーズを取り仕切る藤島ジュリー景子副社長は、インターネット上での評価を相当気にします。

'16年に起きたSMAPの解散騒動の際のトラウマが、ジュリー氏にはあるんですよ」(前出・民放テレビ局幹部)