2018.05.13

鎮痛薬を飲むと、むしろ悪化する片頭痛があるのをご存知ですか

「薬物乱用頭痛」の恐ろしさ
坂井 文彦 プロフィール

「クスリ・ショッピング」は負のスパイラル

月に2~3度程度しか起こらない片頭痛が、月の半分以上、慢性的に起こるようになってしまう片頭痛が慢性片頭痛と定義されています。

鎮痛薬の飲みすぎで片頭痛を悪玉の慢性片頭痛にしてはいけません。ところがFさんのような片頭痛持ちが、決められた容量、用法よりも多く自分の判断だけで薬を使用、それも長期間続けてしまったため、片頭痛が慢性化するケースが非常に多いのです。

なぜクスリを飲み過ぎると、頭痛がひどくなるのでしょう? 

そもそも、私たちの身体は、頭痛などで痛みが起きると、その痛みが神経を通じて脳に伝えられ、痛みを防ぐ物質が出るようになっています。この、痛みを抑える物質と、鎮痛剤による血管の炎症を抑える相乗効果で、痛みは抑えられているのです。

ところがクスリを容量より多く飲み続けると鎮痛剤で痛みが強制的に抑えられることで、本来、痛みを調節すべき脳が、自分はやらなくてもよいのだと勘違いしてしまい、次第に痛みをおさえる物質を出さなくなってしまうのです。

すると、少しの刺激でも頭が痛いと感じやすくなっていく……、これがクスリの飲み過ぎで頭痛が悪化する理由です。

つまり、頭痛が頻繁に起こるようになった原因は、痛み止めが何とかしてくれるだろうという「脳の痛み調節系の勘違い」だったのです。

さらに、クスリを飲みすぎることで、次第に脳は過敏になり、ちょっとした痛みにも反応。すると、クスリによる鎮痛効果だけでは、痛みが治まらなくなってしまう事になります。

Fさんも、鎮痛効果がなくなる度に、痛みの改善を求めてクスリ・ショッピングに走ってしまい、片頭痛をさらに悪化させることになるという、まさに慢性片頭痛の負のスパイラルに陥ってしまったのです。

 

鎮痛薬を飲み過ぎると、新しい頭痛が増える

片頭痛の頻度や程度がふえ、慢性化する大きな原因は頭痛薬の飲み過ぎ、乱用です。「薬物乱用」というと、麻薬の乱用のようでどぎつすぎるという意見もあり、日本頭痛学会では「薬物使用過多による頭痛(薬物乱用頭痛)」と併記した用語を使うことにしました。でも、実態は薬物乱用という表現がぴったり来ます。

脳にかなりのダメージを残すので、起こってはならない困った頭痛です。自己流で鎮痛薬を次々に、毎日のように飲んでしまう。

最近は麻薬系の鎮痛薬(マイルドオピオイド)が簡単に使用できるようになり、メカニズムなどを考えずにただ痛みをとる目的で頭痛に使用すると、一時的には頭痛が和らぎますが、間違いなく頭痛が慢性化してしまいます。

Photo by iStock

医師に対し「痛い、痛い」と何回も訴えると、マイルドオピオイドが処方されかねません。その結果おこる薬物乱用頭痛の治療「デトックス」は簡単ではないのです。入院して治療する場合もあります。

たとえば片頭痛を患っているお子さんから、「あの薬、僕は大好き。すぐ痛くなくなるから止めたくない」と言われることがあります。そのまま続けると、間違いなくいつか片頭痛は悪化するので、本当に手を焼きます。

片頭痛や緊張型頭痛は「何年か前から頭痛はありましたが、時々で、頭痛がない時にはケロッとしていました」というのが普通です。それが、鎮痛薬の飲み過ぎで、毎日のように頭痛がくるようになるのです。

「頭痛が毎日起こるようになりました。脳がおかしくなったのではないか、心配です」

と、自己流で鎮痛薬を散々飲んだ挙句に病院を受診することになります。病院ではMRIなどの検査をしますが、「脳に異常はありません」で終わってしまいます。
本当はそれからが治療のスタートなのです。

関連記事