医学博士と専門医、どっちのほうが「偉い」のでしょうか

覆面ドクターのないしょ話 第15回
佐々木 次郎 プロフィール

教授に認められなければ、医学博士にはなれない

まず医学博士だが、意味するところは「研究者」ということだ。「博士号」「学位」ともいう。取得システムは他の学部と異なり、大学院に行っても行かなくても取得できる。医学部の大学院には2年の修士課程はなく、4年の博士課程のみである。

医学博士になるためには、大学に籍を置きながら医学について研究し、学会発表を重ね、論文にまとめる。その後、複数の教授の面接を受け、合格したら、さらに外国語試験をパスしなければならない。私たちの時代は英語とドイツ語が必修だったが、現在は英語だけの大学が増えた。外国語試験をパスしたら、担当の教授から「君を医学博士にしてあげる」と認められて初めて大学から医学博士の資格が授与される。

つまり医学博士は大学病院にいなければもらえないということだ。医学部を卒業後すぐに市中病院に就職したり、実家の病院に戻ってしまうと医学博士にはなれない。

大学院に行かずに医学博士を目指す場合、診療をしながら、夜に実験や研究をする。思うような結果が出ないこともあり、医者になってから医学博士になれるまで10年以上かかることもある。私の場合6年を要した。早く医学博士になりたいなら、大学院に行くのが近道だ。最短4年で獲れる。

大学院とは医学博士養成所でもある。ところが、国立名門のN大学医学部のある科の教授は「頭の硬い頑固おやじ」だと噂されている。大学院生であってもむやみに医学博士を授与しないそうだ。論文を三流誌へ発表するなど言語道断。名門医学誌に掲載されなければ認めないという、筋金入りの頑固おやじだ。

科学雑誌にはインパクト・ファクターといって点数による格付けがされている。その点数の高い医学雑誌(ネイチャー、サイエンスなど)に掲載された論文でなければダメだというわけだ。

 
「ネイチャー」誌は1869年にイギリスで創刊された、アメリカの「サイエンス」誌と並ぶ世界的総合科学雑誌(photo by gettyimages)

せっかく大学院に行ったのに、医学博士にしてもらえないなんて悲しい……。他の大学ならあっさりなれるのに……。