〔PHOTO〕iStock

TOKIO強制わいせつ事件、「あの一言」が全てを台無しにした

甘すぎる現状認識と不誠実な態度…

過熱報道を見て思うこと

人気グループTOKIOの山口達也メンバーが、女子高校生に対する強制わいせつ容疑で書類送検された。

歴史的な南北首脳会談の前日であるにもかかわらず、ワイドショーばかりかニュース番組もこれをトップで報じ、本人の謝罪会見の場面が長々と流された。

国民的人気グループのメンバーによる性犯罪容疑というのは、確かにショッキングであるし、復興支援や東京オリンピック・パラリンピックなどに関する活動も行っているため、多方面に影響を及ぼす事態であることはわかる。

しかし、それにしても、隣国の歴史的イベントであり、わが国にとってもわれわれ自身の生命や安全がかかっている朝鮮半島の核問題や、拉致家族問題の解決が大きく動き出すかもしれない会談よりも、これが大事なニュースなのだろうかと、毎度のこととはいえ呆れてしまった。

さらに、被害者やその家族にしても、どのチャンネルに変えてもこれだけ長々と見たくもない顔が流れていたのでは、さらにその傷を深めてしまうのではないか。

メディアは、被害者の味方を装って責め立てるが、被害者のことを第一に思うならば、もっと節度のある報道をすべきである。

 

甘すぎる現状認識、不誠実な態度

会見の内容にしても、首を傾げざるをえない場面が多々あった。

真摯に反省していることは伝わってきた。その中で、感極まって泣いてしまうのは仕方ないが、終始泣いてばかりで言葉が不明瞭になりがちだった。

これでは、行動だけでなく感情のコントロールもできないのだろうかと思わせるほどだった。

自らの責任を感じているのならば、きちんと相手に伝わるように誠実に、そして明確に話をすべきである。

そして、肝心なところは「酔っていたのでおぼえていない」「捜査中なので話せない」などと発言を回避する部分が多かった。

もちろん、被害者のプライバシーにかかる部分もあると思われるので、詳細を話せないこともあるだろう。自己を守る権利もあるので、何もカメラの前で不利益になることをすべて話す義務はない。

とはいえ、酒のせいにして、自分の責任をあいまいにするのは誠実な態度と言えるだろうか。以前にも酒のうえでいくつもの不祥事を起こしていたと報じられているが、それが事実ならば、なおさらである。

過去の失敗から学び、酒との付き合い方やふるまい方を改めるのが責任ある大人の態度というものだろう。この期に及んで、酒のせいにするのではなく、長年の飲酒問題を放置しておいた自分の責任、そしてこのような事態を招いてしまった責任について言及すべきだろう。

また、自らの行為について会見では、「酒に酔ってキスをしてしまいました」と述べているが、同意のない相手に無理やりに性的行為をすることは、れっきとした「性暴力」である。

キスというのは、同意のある者同士が行うものであって、それを同列に述べてはならず、はっきりと区別するべきである。

あるタレントが「泥酔してキスを強制したことはわいせつ行為???」「たかがキスでしょ」「うがいして帰ってくればよかったのでは」などとツイートしているが、見当違いも甚だしい。

何より一番驚いたのは、「またTOKIOとしてやっていきたい」「戻れる場所があるなら戻りたい」と今後の希望を述べた点である。そのような楽観的希望を持つのは自由だが、この時点で言うべきではない。あまりにも時期尚早だ。

報道されていることが事実であるならば、事務所を解雇されてもおかしくはない事件である。自ら行ったとされることへの認識が甘すぎるし、これではいくら口で反省していると言っても、すべてが台無しである。