南北首脳会談「対話全文」から見えた金正恩の野望と対日方針

34歳指導者の本音を読み解く

キーワードは「一致」

まるで南北離散家族の親子が再会したかのような、晴れがましい握手と抱擁--。

4月27日、3回目となる南北首脳会談が、南北を隔てる板門店の韓国側で行われた。2000年6月の金大中大統領と金正日総書記の会談は、「和解」だった。2007年10月の廬武鉉大統領と金正日総書記の会談は「発展」だった。そして今回の会談のキーワードは「一体」である。

午前9時29分、南北境界線の北側「板門閣」から金正恩委員長が現れ、南側に立って待つ文在寅大統領の方に、のっしのっしと歩き出した。そして南北境界線の「板」を挟んで、二人は握手を交わした。

 

この両首脳の初対面の挨拶の場面を、少しでも臨場感を持たせるために、ハングルをカタカナ表記してから訳出する。
 
金正恩:パンガプスムニダ(お会いできて嬉しいです)
文在寅:オシヌンデ ヒムドゥルジ アナッスムニカ?(いらっしゃるのに大変でなかったですか?)
金正恩:アニムニダ(いいえ)
文在寅:パンガプスムニダ(お会いできて嬉しいです)

金正恩:チョンマル マウム ソルレミ クチジアンコヨ、クロッケ ヨクサジョギン チャンソエソ マンナニカ、ト テートンリョンケソ イロン プンゲソンカジ ナワソ マジヘジュンデ テヘソ チョンマル カムドンジョギムニダ(本当に胸がドキドキして止まらないです、こんな歴史的な場所で会ったので。また大統領がこんな境界線まで来て迎えてくれたことに対して、本当に感動的です)

文在寅:ヨギカジ オンゴスン ウィウォンジャンニム アジュ クン ヨンダンイオッスムニダ(ここまで来ることは、委員長様はとても大きな勇断でした)
金正恩:アニアニ、アニムニダ(いやいや、そんなことありません)
文在寅:ヨクサジョギン スンガヌル マンドゥロッスムニダ(歴史的な瞬間を作りました)

金正恩:パンガプスムニダ(お会いできて嬉しいです)
文在寅:イッチョグロ ソシルカヨ?(こっち側にお立ちになりますか?)
(金正恩委員長が、よっこいしょと南北境界線をまたいで、韓国側に立った)
文在寅:キム ウィウォンジャヌン ナムチョグロ オシヌンデ ナヌン オンジェッチュム ノモガルスイッケンヌニャ(金委員長は南側にいらっしゃったのに、私はいつになったら越えることができるだろうか)
金正恩:クロム チグム ノモガボルカヨ(それなら今、越えてみますか)(そう言って文在寅大統領の手を取って、南北境界線をまたいで北朝鮮側に渡った)

このように、通訳を通さずにスラスラと会話が進んでいくところに、同じ民族の「心地よさ」を感じる。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら