photo by i Stock

「進化は進歩ではない」と言われて、あなたは納得できますか

サルから人間、だけが進化ではない

エボリューション(進化)の本来の意味は「進歩」

数人の友人と夕食を食べていたときのことである。少し酔っていた1人が突然、「向上心のない、進化しないやつは、ダメだっ」と、やや大きめの声で言った。彼は大学の先生で、同僚や学生に対する不満が溜まっていたのかもしれない。

たしかに、向上心があるのはよいことなので、それがない人はダメな人間だという意見はもっともだろう。私などは、向上心がまったくないわけではないが、あんまりないので耳が痛い。人は努力して、向上していく。進歩していく。そういうときに、「進化」という言葉が使われるのを、よく聞くようになった。

 

「進化」という言葉を「進歩」の意味で使うことは、以前からあった。しかし最近、とくに増えたように思う。スポーツ選手が進化する。カメラが進化する。「進化」と言ったほうが、「進歩」とか「改良」とか言うよりカッコよく聞こえる。なかなか「進化」って、いい言葉だ。それなのに学校では、生物の「進化」は「進歩」ではありません、と習う。それって本当だろうか。

そもそもダーウィンの『種の起源』より前に使われていた「進化」を意味する言葉は、進歩という意味を含んでいた。19世紀のイギリスで広く使われていた「進化」を意味する言葉は、「転成」(transmutation)である。「転成」は生物の種が変化することだが、もともとは錬金術で卑金属が貴金属に変化することを意味していた。したがって「転成」という言葉には、進歩のイメージがあっただろう。

『種の起源』が出版されたのは1859年だが、それより15年前の1844年に、ロバート・チェンバーズ(1802~1872)の『創造の自然史の痕跡』が出版されている。チェンバーズは、生物だけでなく、宇宙や社会などの万物が進歩していくと考えていた。そのような万物の進化を、チェンバーズは「発達」(development)という言葉で表した。つまり、明らかに「進化」を進歩とみなしていた。

ハーバート・スペンサー(1820~1903)も『種の起源』が出版される前から進化論を主張しており、1862年の『第一原理』以降は進化を意味する言葉として、有名なエボリューション(evolution)を使い始めた。進化の意味で「エボリューション」を使ったのはスペンサーが初めてではないが、彼が使ったことで、この語は広く普及したのである。

スペンサーもチェンバーズと同様に、生物だけでなく宇宙や社会など万物が進歩していくと考えており、その進歩を「エボリューション」と呼んだ。したがって「エボリューション」や、その日本語訳である「進化」には、本来進歩という意味があるのである。

一方、ダーウィンの『種の起源』では、進化を意味する言葉として「世代を越えて伝わる変化」(decent with modification)がよく使われている。この言葉には進歩という意味合いはない。しかし、この言葉は広まらなかった。広まったのは「エボリューション」の方だ。ダーウィンの『種の起源』でも、第5版までは「エボリューション」は使われていなかったが、第6版では「エボリューション」も使われている。進化を示す言葉として「エボリューション」が定着しつつあったということだろう。

ダーウィン
チャールズ・ロバート・ダーウィン(Charles Robert Darwin, 1809- 1882) photo by gettyimages