「一極集中」が進む物流、もしその機能が止まったら…

小説『バルス』が伝えるもの
楡 周平 プロフィール

それがどんな結果につながるのかは明らかだ。内需依存比率が極端な日本において、人口減少は国内市場規模の縮小を意味し、企業の規模も業績も、時とともに悪化の一途をたどっていくということになる。

そしてもう一つの最大の陰の部分は一極集中である。

たとえばネット通販である。ありとあらゆる物が、いつでもどこでも、クリック一つで購入できる。しかも配送無料、最短一時間以内、遅くとも翌日には手に入るのがスタンダードサービスだ。それも安いときているのだから、従来の小売業が太刀打ちできるわけがない。

かくして、アメリカではショッピングモールの閉鎖が相次ぎ、世界に名を馳せた巨大企業も、いまや風前の灯火。それがまた、ネット通販企業への一極集中に拍車をかける。

だが、考えてみてほしい。なぜ配送料が無料なのか、なぜ安いのか、なぜ一時間、遅くとも翌日配送というハイサービスを行っても利益が出るのか。

ネット通販、宅配会社双方の現場で働いている労働者の多くが時給制、ドライバーにしても一件あたり、あるいは一日いくらの出来高、固定給制の非正規労働者であるからだ。

つまり、便利にして快適な社会を享受できるのは、多くの非正規労働者の存在があるからなのだ。しかも、経営者は常に、人と機械のどちらがより安くつくかを考えているのだから、貧富の格差は開く一方となる。

 

しかし、一極集中は実に恐ろしい現象でもある。ネット通販、宅配は、いまや立派な社会インフラだ。それらの存在なくして社会機能を維持することは困難だ。

もし、これらの機能が、ある日突然麻痺したら、社会はどうなるのか。なぜ、そんなことが起きたのか。それを物語にしたのが『バルス』である。本書を読み終えた時、みなさんは何を考えるだろうか。

読者が置かれている境遇にもよるだろうが、他人事とはもはやいえないはずである。なぜなら、誰もがいつ、非正規労働者となっても不思議ではない時代にわたしたちは生きているからだ。

読書人の雑誌「本」2018年5月号より