中退、引きこもり、貧困、発達障害…暗闇のなかの歩き方を支援する

【特別対談】鈴木大介×安田祐輔
鈴木 大介, 安田 祐輔 プロフィール

夢 or 自立? 本当の教育の目的とは

安田:教育の本当の目的って、働き続けて自立してというようなことだと思うんですよね。だからそれができる人は別に大学行く必要はないだろうし、大学っていうのも将来的に自立して働くっていうことをサポートしてなければ存在意義がないと僕は思ってるんですけど。教育の目的をみんなそこには置いてない気はします。

例えば夢を追いかけることが正しいとか、夢をサポートしてるのが教育なんだと思っていれば、働いてる側も(就職率の悪さなどについて)悪いとは思わないんですよ。就職率や就労継続率の低い専門学校で働いてたとしても、目標が若者の夢を応援することだと思ってるのかもしれません。この厳しい現代社会の中でしっかり働き続けられることが目標だと、教育産業に携わっている人の誰もがそういう目標設定を置いていないと思うんですよね。それがすごく課題なのかなと思っています。

写真;柏原力

鈴木:ぜひもう1冊書いてください。そのあたりのことについて、かつての当事者でありつつ専門性もあって、実践を伴って発言できる人って、実は日本に安田さんぐらいしかいないかもしれないって思うんですよ!

安田:ありがとうございます(笑)。本の中に「夢」についての章が1つあるんですけど、僕夢ってすごく嫌いなんですよ。

鈴木:今、結構キラキラしたもので飾り立ててそれを支出につなげてっていう。

安田:ありますね。だからそれが美しいことだとみんな思ってて!

鈴木:思ってますね。

安田:うちの元生徒で、今はしっかり楽しく大学生をやってる子なんですけど、その子が最初に不登校になった時は「みんな周りも『夢はこれです』って言うけど僕は夢がないから高校も行く意味がないと思います」って悩んでいて。だから、入塾面談に来た時「大人になったらまず生きてくことが一番大事だよ」と、「普通に生きられればそれでいいんじゃないの?」って話して。

 

僕は夢とかそういうものに対する違和感がすごくあるから、うちの塾の講師の面接でも、「子供に夢を持ってほしい」って言われた瞬間にお断りするようにしてます。特に厳しい状況にある子たちを支援しようと思ったら、夢を持って何かの職業に就いてほしいと願うより、まずはちゃんと自立して幸せに生きていけることを目標に、小さくていいから幸せに生きられることを目標にするのが一番良いと思ってるので。

鈴木:そうですね。安田さんの仕事はやっぱり選択肢を広げることなんですね。ちょっと哲学的な話になっちゃうんですけど。僕、裏の産業で働いてる元々発達に問題があるような、それこそ暗闇の中にいる子、売春やったり詐欺やったりしてる子たちが、どんだけお金を稼げるようになっても、そのお金で幸せになってる姿って実はあんまり見たことがないんです。

仕事はできてて稼いでても、最終的に幸せにはなってない。それで常に幸せって何だろうってずっと考えて、著書『家のない少年たち』の中で、1回答えは出してるんですけど。月並みだけど、居場所があることだって。