Photo by iStock

自分の平熱を知らない人は注意!体温の変化でわかる「病気のサイン」

寿命は「体温」で決まる

体温の変化で気づいた

体温は健康状態のバロメーターだ。普段の平熱から上下するようなことがあったり、長期的に見て平熱が変化していたりする場合には、体の中で何かの異変が起きている「サイン」だと考えたほうがいい。

名前を聞くだけでゾッとするような病気も、体温の変化によってわかることがある。白血病がその筆頭だ。

江田クリニック院長の江田証氏が言う。

「白血病には、有名な3つの症状があります。それは、微熱、体重減少、盗汗(寝汗)です。原因不明の微熱が何日も続いている場合には、『万が一』ではありますが、白血病になっている可能性を疑ったほうがいいかもしれません」

実際に、東京都に住む女性(48歳)はこんな経験をした。その女性が振り返る。

「3年前の夏、体にちょっとした異変が起こりました。日中は36.4℃ほどの平熱なのですが、夜になると37℃になるかならないかの微熱が出ることが続いたんです。

最初は風邪かと思って薬も飲みましたが、まったくよくなる兆しがない。更年期かもしれないと思って、1ヵ月ほど放っておいたんです」

 

しかし、その頃、突如として頭に刺すような痛みが現れるようになったという。さらに関節がズキズキするような痛みも加わった。

「その頃には、夜に出る熱も必ず37℃台に達するようになった。さすがにおかしいと思い、病院に行って血液検査をしてもらったところ、すぐに大学病院への紹介状を書かれました。

大学病院で精密検査をすると、慢性リンパ性白血病だと告げられました。幸いなことに、抗がん剤による治療で寛解に至りましたが、そのときほど、体温の変化を軽く考えず、異変にキチンと対処しておくことが大切だと思ったことはありません」

白血病は、「血液のがん」だが、実は、ほかのがんにかかった場合にも、その「兆候」として、体温に異変が現れることがあるという。

前出の江田氏が解説する。

「がんになると、『腫瘍熱』といって、微熱が続くことがあります。とくに、腎細胞がん、転移性の肝がん、リンパ腫などでは、腫瘍熱が出やすい傾向がある。原因不明の微熱が続く場合には、念のため、がんの可能性も頭に入れておいたほうがいいと思います」