5月8日 日本初の本格的なパソコン「PC-8001」発表(1979年)

科学 今日はこんな日

地球のみなさん、こんにちは。毎度おなじみ、ブルーバックスのシンボルキャラクターです。今日も "サイエンス365days" のコーナーをお届けします。

"サイエンス365days" は、あの科学者が生まれた、あの現象が発見された、など科学に関する歴史的な出来事を紹介するコーナーです。

この日、日本電気(現・NEC)が完成品のパーソナルコンピュータPC-8001を発表しました。

それまでのパソコンはCPUなどの部品を入手し、半田ごてを使って自分で組み立てるものでしたが、このPC-8001はキーボード付きの本体に、オプションとしてディスプレーも簡単に追加できる完成品として販売され、コンピュータが一般に普及するきっかけとなりました。この機体は、2015年には国立科学博物館が選ぶ重要科学技術史資料にも登録されています。

ちなみに、この2年前の1977年に発売されてベストセラーになったブルーバックスが『マイ・コンピュータ入門―コンピュータはあなたにもつくれる』です。内容をちょっとみてみると、回路の配線図や、プログラムのコードが掲載されており、かなり難しそう……。簡単にコンピュータが使える時代になって本当によかったです。

マイ・コンピューター入門 書影

『マイ・コンピューター入門』
(現在は絶版)