5月6日 神経病理学者S. フロイトが生まれる(1856年)

科学 今日はこんな日

地球のみなさん、こんにちは。毎度おなじみ、ブルーバックスのシンボルキャラクターです。今日も "サイエンス365days" のコーナーをお届けします。

"サイエンス365days" は、あの科学者が生まれた、あの現象が発見された、など科学に関する歴史的な出来事を紹介するコーナーです。

精神分析の創始者として知られる、神経病理学者ジークムント・フロイト(1856~1939)が、この日チェコで生まれました。

神経症の治療法として、催眠法や自由連想法(心に浮かんだものをすべて言語化していく方法)などを確立し、精神分析の基礎理論を作り上げました。人の見る夢を分析した『夢判断』(1900年)や、心理動因は性欲であるとする『性欲論三篇』(1905年)、自我・超自我・無意識を論じた『自我とエス』(1923年)などの著作が有名です。

Sigmund Freud In Home Office At Desk自宅書斎でのフロイト photo by gettyimages