photo by iStock

日本人1人に必要な田んぼの面積は? 「二十四節気」から考える

2018年4月20日は「穀雨」

二十四節気とは?

もうすぐゴールデンウィークのこの時期は、春と呼ぶにはあまりに日差しは強く、夏というにはまだ早い、特有の輝かしさを放っています。春夏秋冬だけでは言い足りない、細やかに移りゆく日本の季節を示すものに「二十四節気」があります。

二十四節気は、1年をきっちり24等分し、それぞれの区切りとなる瞬間の点に名前(立春など)をつけて、その時を含む日をその日と決めたものです(同時に、次の区切りがくる前日までの期間も同じ名前で呼びます)。

 

ここで言う「1年」とは365日のことではなく、厳密な「太陽年」の1年。つまり、地球が太陽の周りをぐるりと1周する時間をもとにしています。そのため、二十四節気は年によって若干日にちがずれることがありますが、必ず太陽と地球の位置関係は同じになるため、季節の指標になるのです。

二十四節気

2018年4月20日は、「穀雨」の日。穀雨とは、穀物を育てる春雨が降りそそぐころを示しています。

私が育った千葉県では、そろそろ田植えのメインシーズン。田植え直後の稲は、新しい教室に馴染めない新入生のように、頼りなく弱々しい姿をしていますが、日が経つにつれ、地面に根を張り、株を増やして、太くがっしりとした姿に変わっていきます。これから一雨ごとに一層強く育っていくことでしょう。

私はいつも田んぼのある風景を見ると、言いようのない嬉しさを感じます。「これが育てば今年も米が食えるぞ!」という安心感もあるのでしょう。田んぼに適した平地だけでなく、急な斜面も工夫を凝らして棚田に変え、そこかしこで稲を育ててきた日本人。炊いた米と、毎食の食事のことをどちらも「ごはん」と呼ぶことからも、日本の食との密接な関係を感じます。

穀雨の今日は、日本を代表する穀物である米に思いを馳せてみましょう。

写真 大山千枚田

私たちが1年間に食べる米の量は?

日本人は1年にどれくらいの米を食べているのでしょうか。省庁が出している統計結果をもとに考えてみます。

まず、厚生労働省の「国民健康・栄養調査」にある「栄養素等摂取状況調査の結果」には、食品群ごとに1人が1日あたりその食材を何グラム食べているかが出ています。

平成28年度のデータで米・米加工品のカテゴリーを見ると、20歳以上の男女平均で308.7グラムです。お茶碗1杯がおよそ150グラムなので、毎日お茶碗2杯分のごはんを食べていることになります。朝はパンでも昼と夜はごはんだとか、昼か夜には麺類を食べるなどが、今の日本人の平均的な食べ方と言えるかもしれません。

もうひとつ、別の視点からの結果も見てみましょう。農林水産省による「食料需給表」です。こちらは、消費者にどれくらいの食料が供給されているかを知ることができます。

同様に1人1日あたりに換算してみると、その量は149グラム。先ほどの数字と大きく異なりますが、それはこの値が炊飯前の米の重さだからです。米は炊飯すると、2.1〜2.3倍の重さになるので、149グラム×2.2で計算すると、327グラムになります。おや、それでも少し数字が違うようです。

それぞれのデータの説明を読むと、国民健康・栄養調査は“日曜,祝祭日以外で,冠婚葬祭その他特別に食物摂取に変化のある日を避け,被調査世帯においてなるべく普通の摂取状態にある日”の“1日分の食事内容”を表すとのこと。つまり、1年間の平均を取ったものではなく、この値にはパーティーや親戚が集まった日などの特別な食事は含まれていません。

一方、食料需給表には“本表により算出された食料の供給数量及び栄養量は、消費者等に到達した食料のそれであって、国民によって実際に摂取された食料の数量及び栄養量ではないことに留意されたい”とあります。この書きぶりから、消費者等に到達していても実際には口に入っていない分もありますよ、と読み取れます。