Photo by Getty Images

証人喚問の間、佐川氏のうしろにいた弁護士の意外な素顔

「改ざん」事件とは因縁が…
「訴追を受ける恐れがありますため……」。証人喚問でこう繰り返した佐川・元国税庁長官の背後で、相談に応じていた人物。その意外な素顔に、4月2日発売の週刊現代が迫っている。

「改ざん」事件との浅からぬ因縁

公文書改ざんをめぐる、佐川宣寿・前理財局長の証人喚問。

衆参あわせて4時間の質疑中、ずっと佐川氏の後方に座り、小声で耳打ちを繰り返していた眼光鋭い弁護士がいた。

熊田彰英氏(48歳)だ。

 

京大卒業後、1998年に検事に任官し、東京地検特捜部、法務省刑事局、在韓大使館などにも勤務したエリート検事で、2014年に弁護士に転じた。

実は、熊田氏は「改ざん」にも、その捜査を行う「大阪地検」にも因縁がある。

2010年に起こった「大阪地検特捜部証拠改ざん事件」では、FDを改ざんした主任検事だけでなく、それを知っていた特捜部長・大坪弘道氏と、副部長の佐賀元明氏が犯人隠避の容疑で逮捕された。

捜査も検察の手によって行われたが、大坪氏と佐賀氏の公判担当検事を務めたのが、最高検にいた熊田氏だったのだ。

[写真]宣誓する佐川氏の背後に立つ熊田弁護士(Photo by GettyImages)宣誓する佐川氏の背後に立つ熊田弁護士(Photo by GettyImages)

二人への論告求刑には、こう記されている。

「元検事が故意に改ざんした事実を十分に認識し、隠蔽した。検察官の職業倫理に著しく背いたことは厳しい非難に値する」
「部下による前代未聞の不祥事の可能性があるのに、電話1本しようと思わないのは誠に不自然」

求刑は懲役1年6ヵ月。大坪氏と佐賀氏は無罪を主張したが、執行猶予付きの有罪判決に。在阪のヤメ検弁護士が言う。

「大坪氏とは初任地の大阪で一緒だったはずだが、公判では苛烈に指弾していた」

法務省勤務で、政治家との人脈を蓄え、弁護士転身後は、ネットワークを活かしたという。

「小渕優子や甘利明など自民党議員の事件の弁護を一手に引き受け、日頃から議員の信頼も篤い。ある意味、『自民党御用達』の弁護士といってもいい」(知人の弁護士)

二度にわたって「改ざん」事件を手がける奇妙な縁や、その法務省勤務時代の様子などは、4月2日発売の週刊現代が、詳しく報じている。

[書影]週刊現代4月2日発売号表紙

4月2日発売の週刊現代は、このほかにも次のような切り口で社会の裏側に迫っている。
完全保存版いざというとき必ず役立つ 今なら治る「がん」まだ治らない「がん」部位、年齢、性別、ステージ別全464パターン最新「5年生存率」を一挙掲載!/安倍を悩ませる母・洋子と妻・昭恵の「嫁姑戦争」/金正恩が習近平に漏らした「トランプが怖いよ」/医学的に正しい「食用油」大全 サラダ油は「使ってはいけない」/独占カルビー会長「去り際の美学」を語る/セレブの人脈作りは3歳から始まる「青山学院幼稚園」の研究/風吹ジュン登場!