photo by i Stock

「動く日本列島」を体感! リニューアルした〈地質標本館〉探訪記

最新立体地図と地球のお宝を堪能する

135年分のコレクション

衛星からの観測によって、「大陸間プレートの動き」を計測することさえ可能となった現代からすれば意外だが、実は、大陸の移動を説明するプレートテクトニクス理論が確立されたのは、わずか50年前のことにすぎない。

1912年にドイツのアルフレート・ヴェーゲナーが提唱した「大陸移動説」から100年余り、各大陸に残された化石や岩石に記録されている古地磁気などの情報をたんねんに調べた後続世代の地球学者たちによって、この壮大な学説は証明されてきた。

生物の一生とは比べものにならない長い年月にわたる変化を調べる地球科学において、化石や岩石は文字どおりの物的証拠、いわゆる“ブツ”だ。過去を物語るこれらのブツが存在しなかったら、プレートテクトニクス理論はとうてい成り立たない。

科学においては、このような物的証拠が大きくものをいう。だから各研究機関は、それぞれの分野で証拠となるブツを集め、分類するなどして保存している。

研究対象としてのブツの重要性を体現している代表的な組織の一つが、産業技術総合研究所(以下、産総研)の「地質標本館」だ。産総研の広い敷地の中央部で、一般公開もしている地質と鉱物の博物館である。産総研の前身組織のひとつに地質調査所があり、同所は1882年に設立されている。ヴェーゲナーが「大陸移動説」を発表するちょうど30年前のことだ。

写真1 地質標本館の外観

地質標本館は、産総研の前身である工業技術院傘下の研究所群がつくば市に移った翌年の1980年にオープンした。岩石や化石、地質の標本などを展示しているが、今回、その開館以来の大改造(リニューアル)を行ったと聞きつけて、探検隊一同で訪ねてみることにした。おもしろ研究探しが本業のわれわれだが、たまには息抜きに(?)、ちょっと趣向の変わった博物館を探訪するのも悪くないと考えたのだ。

館長の藤原治さん自ら、新装あいなった館内を案内してくださった。ブルーバックス探検隊、行く先々で歓待されてます。ありがたや。

藤原さん

地質標本館では、倉庫に保管してあるものも含めて約15万点の化石や岩石などを収蔵しています。前身である地質調査所の開設以来、135年間にわたって研究用に集めてきたものが主体ですが、なかには日本では見つからない貴重な鉱物もあり、学術的な意義から購入したものも存在します。」

「なぜ、こんなにたくさんのサンプルをもっているか? 研究における“証拠”を揃えておかなければいけないのが第1の理由です。本物の“ブツ”をもっていなければ、証拠としてのちの研究に役立たないからです。2番めには、展示を通じて人々に地質と鉱物に関する知識と情報を伝える意味があります」(藤原さん)