4月12日 有人宇宙船「ボストーク1号」打ち上げ(1961年)

科学 今日はこんな日

地球のみなさん、こんにちは。毎度おなじみ、ブルーバックスのシンボルキャラクターです。今日も "サイエンス365days" のコーナーをお届けします。

"サイエンス365days" は、あの科学者が生まれた、あの現象が発見された、など科学に関する歴史的な出来事を紹介するコーナーです。

旧ソ連のバイコヌール宇宙基地から、27歳のガガーリン空軍少佐を乗せた「ボストーク1号」が打ち上げられ、地球を1周、1時間48分の宇宙飛行に成功しました。

この快挙が成し遂げられたのはブルーバックス創刊の2年半前のことで、じつはブルーバックスの「ブルー」は、ガガーリンが地球に帰還した際に発した「地球は青かった」という言葉にちなんだものです。

ただしこの言葉はすこし意訳されて広まったもので、もともとは「青みがかっていた」くらいのニュアンスだったのだとか。もしそのまま直訳されて日本に伝わっていたらこのシリーズの名前も変わっていたかもしれませんね。

ちなみに、ガガーリンは1962年に来日した際には、「北海道は緑が多かった」という言葉も残しているそうです。