人生最後の「クレジットカード」選びは、これが正解

ポイント貯めるか、サービス重視か
週刊現代 プロフィール

海外旅行保険は注意が必要

ここ数年、各カード会社はポイント還元率の高さで争ってきた。しかし、高還元率を掲げても、会員が思ったより集まらない現実を見て、現在は『付帯サービス』の充実を競っている。

大別すると、『旅行保険』、『買い物補償』、『割引』、『施設の優遇』だ。

「海外旅行保険が付帯するカードは珍しくありませんが、実はこうした付帯サービスの保険には大きく2種類あります。

一つは持っているだけで保険に加入できる『自動付帯型』と、カードで旅行券などを購入しないと加入できない『利用付帯型』です。

年会費無料で海外旅行傷害保険が自動付帯している貴重なカードが、丸井グループが発行するエポスカードです。補償内容も傷害治療費が最高200万円、疾病治療費が270万円と手厚い。

年間50万円程度利用すると、年会費無料のゴールドカードの招待状が届くことが多いようです。ゴールドカードにアップグレードすれば、旅行保険の補償額やポイント還元率も高まります」(松岡氏)

Photo by iStock

海外旅行の際に最高のおもてなしサービスを受けられると評判なのが、楽天プレミアムカード。

消費生活評論家の岩田昭男氏が言う。

「年会費は1万800円かかりますが、特典はゴールドカード並みか、それ以上です。

とくにおすすめなのが、世界900ヵ所以上の空港ラウンジが利用できる『プライオリティ・パス』のサービスです。もちろん、羽田空港や成田空港などの国内空港のラウンジも使えます。

海外旅行傷害保険も自動付帯で、最高4000万円が補償されます。さらにETCカードの年会費が無料。旅行やドライブなどを楽しむアクティブ派の人には絶対的におすすめできます」

 

NTTドコモが発行するdカードGOLDも、楽天プレミアムカードと同じく1万800円の年会費がかかるが、それに見合う価値がある。

岩田氏が続ける。

「ドコモの携帯電話や光回線の利用料金が10%還元になります。私は家族で月に2万円ほど通信料をドコモに支払っているので、年間で2万4000円相当のポイントが貯まります。

年会費を払っても元が取れる計算です。携帯電話の紛失や故障などでも最大10万円の補償が付くうえ、ローソンでの買い物が3%割引です。おかげでローソンでは現金を使ったことがありません。

携帯電話やネット回線の料金は必ずかかるわけですから、こうした特典を利用して少しでも節約することは家計にとってもプラスでしょう」