〔PHOTO〕gettyimages

グーグルが米軍に協力すると、世界はこんな風に変わっていく

プロジェクト・メイブンが暗示する未来

ディープラーニングに代表される先進的なAI(人工知能)技術を、軍事利用する動きが加速している。

米国防総省は「プロジェクト・メイブン」という特別チームを結成し、グーグルの協力を仰いで、紛争地帯などに配備する監視システムを僅か半年足らずの間に構築した。

しかし、グーグルのような大手IT企業が蓄えた高度技術や、迅速な経営スタイルが軍事利用されることには、倫理的な問題も指摘されている。

〔PHOTO〕gettyimages

国防関係のビッグデータ解析を自動化

今から約1年前の2017年4月某日、米国防総省のロバート・ワーク副長官(当時)は短い通知文書をしたため、素早く省内に配布した。

https://www.govexec.com/media/gbc/docs/pdfs_edit/establishment_of_the_awcft_project_maven.pdf

そこには近年、急激に国力を増強している中国やロシアなど競合国に対抗するため、国防総省がAI(人工知能)の軍事利用を加速する特別チームを結成する旨が記されていた。

 

この特別チームの正式名称は「Algorithmic Warfare Cross-Functional Team(AWCFT)」だが、むしろ「プロジェクト・メイブン(Project Maven)」という通称で、よく知られるようになった。

その使命は、最先端のAI技術「ディープラーニング」を使って、国防関係の膨大なビッグデータ解析を自動化することだ。

米国防総省のデータベースには、スパイ衛星が撮影する紛争地帯の画像情報や、諜報部門からのインテリジェンスなど生データが時々刻々と蓄積されていく。仮にこれら全てを人手で分析しようとしたなら、それは同省の職員全員が一生かけても処理しきれない程の分量に達している。

そこでプロジェクト・メイブンでは、人間とは桁違いのスピードでビッグデータを分析できるディープラーニングに、その処理を任せることにしたのだ。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら