江戸時代のエリートを育成した「驚きの教育システム」

勇猛果敢な武士が育つわけだ
河合 敦 プロフィール

会津藩士は「武士の中の武士」

一方、会津藩はどうか。

「一、年長者の言うことに背いてはなりませぬ。二、年長者にはお辞儀をしなければなりませぬ。三、虚言を言うことはなりませぬ。四、卑怯な振る舞いをしてはなりませぬ。五、弱い者をいじめてはなりませぬ。六、戸外で物を食べてはなりませぬ。七、戸外で婦人と言葉を交えてはなりませぬ。ならぬことは、ならぬものです」

これを会津藩では「什の掟」と呼ぶ。会津藩士の子は6、7歳になると、城下の寺子屋や私塾に入って論語の素読や書道を学んだが、同時に「什」と称する10名前後の小グループに属し、毎日集まって遊んだ。

什長には9歳の者が就いた。什長は遊びの前に「什の掟」を読み上げる。子供たちは一条終わるごとに返事をし、お辞儀をしなくてはならなかった。

掟を読み終えた什長は「昨日より今日まで掟に背いた者はあるか」と問う。もし違反を告白した者がいた場合、皆の制裁を受けることになる。

 

仲間に謝罪する「無念」、手の甲を思い切りたたく「しっぺい」、手を火鉢にかざす「手あぶり」、上から雪をかぶせる「雪埋め」などがあったが、最も重いのは「派切り」だった。什から追放されてしまうのだ。そうなった場合、子供の親が什の子供たちに謝罪して許して乞うこともあったという。

こうした厳しい規範があったため、会津藩士は幼いときから掟を破らぬよう、武士らしく行動する習慣が染みついた。驚くことに、外から戻った子供たちは、すぐに仏間へ入って切腹の作法を練習したという。「いつ藩から切腹を申しつかっても、見事に果たせるように」との考えからである。

結果、会津藩士は「武士の中の武士」と称えられるようになるが、あえていえば、幕末の戊辰戦争の際、白虎隊(17才以下の少年によって組織された部隊)の少年20名が、戦闘により市中が火に包まれる様を目にし、自刃するという悲劇も、会津なればこそ起こってしまったといえるわけだ。

なお、薩摩藩の藩校・造士館が設置されたのは安永二年(1773)、会津藩の日新館は享和三年(1803)になってからだった。それまでは郷中と什が、主たる教育機関だったわけだ。多くの藩では、こうした同年齢集団による自己教育制度があったが、とくに薩摩藩と会津藩ではその厳しさが際立っていた。

ではそれ以外の多くの藩ではどのような教育システムがとられていたのか。初期の藩校の多くは、異なる年齢の子たちが一緒に教育を受ける形態をとり、その学力も均質ではなかった。

それが寛政~文政年間(1789~1828)になると、14、5歳を分岐点にして素読(初等科)と講義(高等科)に分かれ、その後は初等・中等・高等の三等級にするところが増えた。

また多くの藩校が進級試験を課すようになり、合格しなくては上級へ進めないシステムとなり、藩校での成績が出世にも影響を与えるようになった。だから子供たちは必然的に競い合うようになる。

藩校教育の基本は、武士の教養である漢学(中国の古典的学問)の習得にあった。とくに幕府が奨励した朱子学を根幹とする学校が多かった。

10歳程度(後に低年齢化していく)で藩校に入学し、14、5歳までは四書・五経を中心とした古典の音読(素読)を中心に、武士の礼儀作法や習字などを学んだ。ただし、この課程を終えると、教育方法はがらりと変わる。

古典の意味について藩校の教授から詳しい講義を受け、あるいは輪番で書評や意見表明をおこなうなど、少人数によるゼミナール形式の学習形態をとるようになるのだ。

午後には、武術の稽古を導入するところも少なくなかったが、学年が上にいけばいくほど、自学自習の時間が増していった。江戸時代の藩校においても、現在と同様、後期教育では自己教育力を重視したのだ。