〔PHOTO〕gettyimages

中国外相「最後の会見2時間3分」から読み解く大国の自信と本音

共同通信の特派員を小馬鹿にして…

今回で、この連載コラム「北京のランダムウォーカー」は、400回を迎えました。私が北京駐在員時代に開始して、丸8年が経とうとしています。その間、中国は胡錦濤時代から習近平時代へと、ダイナミックな変化を遂げました。一昨日(11日)にはとうとう憲法も大胆に改正し、習近平政権は2期目の5年に入ります。今後とも、「中国のいま」をお伝えしていきますので、引き続きご愛読、よろしくお願いします。

3月8日、全国人民代表大会で、王毅外相が、年に一度の記者会見に臨んだ。5年の任期を終えて、国務委員に昇格すると目される王毅外相にとって、最後の会見である。

この5年間、王毅外相の発言を聞いていて、「2大特徴」と言えるのが、カッコつけたモノの言い方が多いことと、上司である習近平主席に媚びる表現が多いことだ。自己顕示欲と自己保身精神が混ざり合ったようなその物言いは、独特のものがある。

この日の会見は2時間3分にわたった。私は中国中央テレビのインターネット放送で生中継を見た。発言は大変長いものなので、テーマ別にピックアップしてお届けする。それぞれ発言の後に、私の寸評を入れた。なお、番号は単に発言の順番であり、重要度順ではない。

〔PHOTO〕gettyimages

①新型の国際関係と中国の大国外交

「(2012年11月開催の)第18回共産党大会以来、習近平同志を核心とする党中央の正確な指導のもとで、われわれは確実に、中国の特色、中国の気概、中国の風格を持った大国外交の道を歩み出した。そしてそれは、国家の主権と人民の利益を維持、保護し、国内の改革開放の大局に奉仕するために重大な作用を発揮し、歴史的な成果を収めてきた。

昨年10月、習近平総書記が第19回中国共産党大会の報告の中で強調したのは、われわれは各国と共に、新型の国際関係を建設していかねばならない、共同で人類の運命共同体を構築していかねばならない、それこそが新時代の中国の大国外交の目標だということだった」

 

(寸評)いまからちょうど5年前に、習近平政権が出帆した時、習近平主席が強調していたのは、アメリカとの「新型の大国関係」だった。それは、世界の「2大国」としてオバマ政権に承認してほしいという願望を込めたものだった。

だが、2013年にオバマ大統領はこれを無視し、2014年には「認めてもよいがアジアの周辺国と摩擦を起こさないでもらいたい」と注文をつけた。そして2015年以降は、南シナ海問題やサイバーテロ問題などで対立してしまい、「新型の対立関係」などと揶揄される始末だった。

それが、2016年11月、トランプ候補が大統領選でまさかの勝利となったことで、「中国にとって百年に一度の好機到来」(中国の外交関係者)となった。実際、トランプ政権発足後のこの一年あまりで、習近平政権は大いに自信をつけた。一言で言えば、アメリカが自壊していったため、中国の相対的な国際的地位が、急速にアップしていったからだ。

そこで、今度は中国の方がアメリカを無視して、「新型の国際関係」と「中国の大国外交」と言い始めたのである。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら