突然の米朝会談合意でわかった、金正恩の驚くべき「現状認識力」

これからの北朝鮮政策の話をしよう
篠田 英朗 プロフィール

北朝鮮の脅威が除去された場合…

さらに言えば、「体制保証」の中身がポイントになる。

単に体制転覆を狙った行為をしないだけなら大きな議題にはならないだろうが、韓国からの米軍の撤退に関わる事態は、日本の安全保障にも直結する大きな意味を持つ。

在韓米軍の撤退、さらには米韓同盟の見直しが、不当かつ危険な北朝鮮への譲歩であるという認識が維持されるように、日本は外交努力を払うべきだろう。

つまり、今回の事態をへて、平和条約に至るような大幅な事態の改変が図られるとすれば、それは北朝鮮に対する不当な譲歩になる、という理解である。

 

日本は、国内に在日国連軍基地を持つ。もちろん朝鮮半島への即応体制を持つ在日米軍も置いている。間接的な当事国、といった位置づけだ。それに見合った関与と、共通理解の維持に努力していくべきだろう。

北朝鮮の脅威が除去された場合には、当然、在韓米軍の削減は現実的な政策課題になるだろう。実は在日米軍も削減もありうる。

在日米軍の削減は、いくら反対運動をしても簡単には達成されないが、脅威が減少すれば、当然、在日米軍の減少も現実的な政策議題になりうる。

しかし、ただ単に脅威を減らしたいという願望だけで、米軍を減らすのは、論理的とは言えない。

〔PHOTO〕gettyimages

より技術的な問題は、アメリカによる核の傘の問題である。中国との関係を悪化させた北朝鮮にとって、アメリカによる韓国・日本に対する核の傘は、目の上のたんこぶだ。

しかし核の傘の議題化は、交渉を極度に複雑化させる。「朝鮮半島の非核化」という一般的な概念枠組みで、アメリカが北朝鮮側と交渉を進めていけるかが、試金石となるだろう。

いずれにせよ、冒頭で述べたように、今回、金正恩氏が、世界各国の情勢分析者と同じ見方をもっていることが、明らかになった。

国際社会の側は、引き続きその見通しで圧力をかけ続けながら、交渉を通じても、金正恩氏に、核放棄を合理的な政策判断として提示していくことになる。

日本の国益も、その国際的努力を後押しするところで測られていくはずだ。